本ページにはプロポーションが含まれています

付き合って3年プロポーズされない・・・結婚の話を嫌がる彼氏、見切りをつけるべきか?

シェアする





3年間という長い時間を共に過ごしてきたのに、
プロポーズの気配がないと、不安や疑問を感じるのは当然のことです。

タイミングを計って、結婚について話し合う

彼が話しやすい雰囲気を作ることが大切です。

二人きりの時間を選び、リラックスできる場所で行いましょう。

1. 結婚に対する考えがまだ定まっていない

結婚は人生における大きな決断です。

まだ自分が結婚したいのか、
どのような家庭を築きたいのか、具体的なイメージができていない場合は、
結婚の話に抵抗を感じてしまうことがあります。

2. 経済的な不安

結婚には、住居費や生活費など、様々な経済的な負担がかかります。
自分が結婚生活を経済的に支えられるだけの収入があるかどうか不安な場合は、
結婚の話に踏み切れないことがあります。

3. 仕事や趣味など、結婚以外のことに集中したい

仕事や趣味など、結婚以外のことに集中したい場合は、
結婚によって自由な時間が減ってしまうことを懸念し、
結婚話を避けてしまうことがあります。

4. パートナーとの関係に不安がある

パートナーとの愛情関係や信頼関係に不安がある場合は、
結婚しても幸せになれるかどうか疑問に感じ、
結婚話を躊躇してしまうことがあります。

5. 過去のトラウマ

過去に離婚や親の不仲など、結婚に対してネガティブな
イメージを持つ人は、結婚話を避けてしまうことがあります。

6. 単純に結婚に興味がない

人によっては、そもそも結婚に興味がないという場合もあります。

親の反対や健康上の問題など理由で結婚話を嫌がる場合があります。

結婚に対する考えがどうしても折り合わない場合は、別れるという選択肢も考えなければなりません。

結婚に対して不安があるなら、その理由を聞いてみましょう。
一緒に解決策を考えて、彼の不安を解消できるよう努めましょう。

すぐに行動する必要はありません。時間をかけてゆっくり考え、納得できる選択をしましょう。




シェアする

Translate »