恋愛はコスパ悪い?恋愛せずに人生終わる生き方もあり?




恋愛がコスパ悪いと言われる理由

恋愛には、デートや連絡、相手への気遣いなど、多くの時間や労力がかかります。仕事や趣味、自分の時間と天秤にかけると、どうしてもコスパが悪いと感じてしまう人が多いようです。

恋愛は、うまくいけば幸せになれますが、うまくいかなければ失恋や別れなどの痛みを伴うこともあります。
相手を好きになればなるほど、失った時には苦しみや悲しみも伴います。
好きだった人から別れを切り出されたり、心の傷となるような言葉を言われたりして
傷付いた場合は、トラウマになってしまいますよね。もうあんな思いをしたくないや・・・となる気持ちはわかります。
そのリスクを考えると、恋愛に踏み切るのは躊躇してしまう人もいるでしょう。

デートやプレゼント、結婚など、恋愛にはお金がかかります。

特に、結婚となると、家や車などの大きな買い物も必要になります。

経済的に余裕のない人にとっては、恋愛は負担になってしまうかもしれません。

恋愛にはメリットもあります。

相手を思いやる気持ちや、愛情を感じられることなど、人生を豊かにしてくれるものがあります。
恋愛の嬉しいこととしては、やはり自分が相手にとって特別な存在だと思われている実感や充実感ですね。

多くの人がいる中で、この人といると楽しい、いなくなったら寂しい、特別な存在だと認めてもらえる人、
そしてその相手と相思相愛になれることは、大きな生きている充実感のようなものがあります。

恋愛がコスパ悪いかどうかは、人によって考え方が異なります。仕事や趣味に打ち込みたい人にとっては、恋愛は余計なものかもしれません。一方で、人とのつながりや愛情を求める人にとっては、恋愛はかけがえのないものです。

恋愛せずに人生を終わらせることは、決して悪いことではありません。恋愛は、人生の重要な要素の一つではありますが、必ずしも必須のものではありません。

恋愛は、自分を深く知る機会を与えてくれます。相手を好きになるということは、相手に自分のことをよく見せたい、理解してもらいたいと思うことです。そのためには、自分のことを客観的に見つめ直し、理解する必要があります。また、恋愛は、相手との関わりを通して、自分自身を成長させてくれることもあります。

恋愛は、人生の選択肢の一つです。恋愛をしていなくても、充実した人生を送ることは可能です。
相手が異性でなくても、同性の友人と楽しく過ごすほうが幸せだと感じる人もいるし、
動物と過ごす時間を大事にする人もいる。生き方は人それぞれです。




Translate »
テキストのコピーはできません。