天橋立をまたのぞきで見る理由なぜ?いつから?ここでふざけるのだけはやめて!


天橋立を「股のぞき」で見る理由

1. 風景が逆さになることで、通常とは違う景色を楽しめる

股のぞきをすることで、天と地が逆転し、海が空のように見えて、
天橋立が天にかかる橋のように見えます。これは、天橋立を通常とは違う
視点から見ることができるユニークな体験です。

2. 松が龍に見え、天橋立が天に舞い上がる龍のように見える

股のぞきをすることで、天橋立の松が龍のように見え、
天橋立が天に舞い上がる龍のように見えます。
これは、天橋立の別名である「飛龍観」の由来にもなっています。

3. 錯視効果によって、天橋立が小さく、平らで奥行きが少なく見える

研究によると、股のぞきをすることで、通常の姿勢で見る場合と比べ、
天橋立が小さく、平らで奥行きが少なく見える錯視効果が生じます。
これは、天橋立をよりダイナミックな景色として見ることができる効果があります。

天橋立の股のぞき発祥の地

天橋立の股のぞき発祥の地は、傘松公園と言われています。
明治33年(1900)頃に傘松公園に展望所を設置した吉田皆三に
よって広められたものと考えられています。

股のぞきができる場所

天橋立では、傘松公園以外にも、天橋立ビューランド、
金剛院、天橋立神社など、多くの場所から股のぞきをすることができます。

天橋立が龍に見えない理由は、いくつか考えられます。

1. 見えない理由は人それぞれ

天橋立が龍に見えない理由は、人によって様々です。
視力や視覚情報処理能力の違い、想像力の違い、
過去の経験の違いなどが影響していると考えられます。

2. 見えない理由の例

股のぞきの方法が間違っている
天候や時間帯が悪い
想像力が乏しい
過去に龍を見たことがない

3. 龍に見えるようにするためのヒント

傘松公園など、股のぞきをするのに適した場所に行く
天候や時間帯を考慮する
想像力を働かせてみる

4. 龍に見えないからといって問題ない

天橋立は、龍に見えなくても美しい景色です。

天橋立の股のぞきは、安全に楽しむために注意が必要です。

転落事故の発生

2024年2月15日には、傘松公園で股のぞきをしていた50代男性が転落し、
胸などに大けがをする事故が発生しました。

傘松公園では、事故発生を受け、
注意書きを大きくするなどの対策を講じています。

安全に楽しむためのポイント

手すりをしっかりと握る
体を乗り出さない
周囲に注意する
ふざけない
高所恐怖症の人は無理しない

安全第一で天橋立を楽しみましょう

天橋立は、美しい景色を安全に楽しむために、注意が必要です。








Translate »
テキストのコピーはできません。