夜になると寂しくなる?

夜になると寂しくなるのは、とてもよくあることです。

夜は静かになり、周囲が暗くなることで、孤独感や不安感を感じやすくなるのです。

また、日中は仕事や学校などで忙しく、人と関わっていた人が、
夜になると一人きりになることで、寂しさを感じてしまうこともあるでしょう。

寂しがりやなタイプの人は、特にひとりになると寂しく感じてしまうかもしれません。

よくさっきまで飲み会で人に囲まれてわいわいとやっていたのに
家に帰ると、部屋でひとり・・・という状況にすごく寂しさを感じてしまう人もいます。

夜の暗い中部屋でひとりでいるのが好きという人もいれば、
寂しすぎて無理・・・と孤独を感じる人もいる。

あまりに寂しい場合は、恋人や結婚して家族を作るという選択がやはり良いですね。
家族が家にいれば、いつもひとりになることはほとんどありません。

夜の寂しさを乗り越えるためには

夜に寂しさを感じる人の中には、人と関わる時間が少ないという人もいます。仕事や学校が終わると、すぐに家で一人になってしまうという人は、積極的に人と関わる機会を増やすようにしましょう

人と関わる時間が増えなくても、自分の時間を充実させることで、寂しさを紛らわせることができます。趣味に没頭する、好きな本を読む、映画やドラマを観る、音楽を聴く、アロマを焚いて瞑想する・・・・
noteに願望などを書いて見ながら楽しむなど・・・
家に家族がいたら、気を遣ってできないこともあります。

自分の好きなことをして、心を満たしましょう。

寂しさは、誰もが感じる感情です。寂しさを無理に押し殺そうとすると、
余計に辛くなってしまいます。寂しさを受け入れ、自分なりの付き合い方を見つけることが大切です

夜の寂しさは、誰にでも起こり得る自然な感情です。






Translate »
テキストのコピーはできません。