夜中にお菓子を爆食いしてしまう原因、ドカ食いがやめられない・・・

1. ストレス

仕事や人間関係など、日常生活の中でストレスを抱えていると、
その解消のために甘いお菓子を食べてしまうことがあります。

お菓子に含まれる糖分は、脳内で幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌を促し、
一時的に気分を落ち着かせる効果があります。

しかし、その効果は一時的なものであり、根本的な解決にはなりません。

2. 栄養不足

食事が不規則であったり、偏食であったりすると、必要な栄養素が不足し、
空腹感を感じやすくなります。

また、脳内の栄養素が不足すると、
食欲を抑制する機能が低下し、過食につながることがあります。

3. 感情

悲しい、嬉しい、怒っているなど、強い感情を感じたときにも、
お菓子を爆食いしてしまうことがあります。

感情をコントロールするために、無意識のうちに食べ物を口にしてしまうのです。

睡眠不足
運動不足
ダイエットによる制限
食欲を刺激するような食品の摂取
特定のお菓子に対する依存

お菓子の爆食い は、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
肥満や糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まったり、
胃腸障害や肌荒れなどのトラブルを引き起こしたりする可能性もあります。






Translate »
テキストのコピーはできません。