積立NISAは貯金代わりになる?毎月5000円は意味ない?




積立NISAは、 長期的な資産形成 には有効ですが、
短期的な貯金代わりには適していません。

つみたてNISAは、年間40万円まで非課税で投資できる制度です。
つまり、毎月5000円積立すると、年間6万円の非課税枠を余らせてしまうことになります。

つみたてNISAで毎月5000円積立することのデメリットを詳しく説明します。

1. 非課税枠を余らせてしまう

つみたてNISAの非課税枠は年間40万円です。
毎月5000円積立すると、
年間6万円の非課税枠を余らせてしまうことになります。

非課税枠を余らせてしまうことは、
せっかくの税制優遇措置を受けきれていないことを意味します。
投資の利益は非課税になるため、非課税枠を最大限活用することで、
より多くの利益を期待できます。

2. 利益が少ない

毎月5000円しか投資できないので、当然利益も少なくなります。

例えば、年利5%で20年間運用した場合、
毎月5000円積立すると約190万円になります。一方、毎月33333円積立すると、約380万円になります。

このように、毎月5000円しか投資できないと、利益が大きく減ってしまいます。

毎月5000円しか投資できないと、
なかなか資産が増えないことに焦りを感じてしまうかもしれません。

投資は長期的な視点で取り組むことが重要です。
焦って売却してしまうと、損失を被ってしまう可能性があります。

元本割れの可能性

積立NISAは投資商品なので、元本割れの可能性があります。短期的な資金が必要な場合は、リスクを避けたいので、積立NISAはおすすめできません。

非課税期間の制限: 積立NISAは非課税期間が20年間と決まっています。
途中で換金すると、利益に対して税金がかかります。

毎月の積み立てが必要: 積立NISAは毎月一定額を積み立てる必要があります。
毎月の収支が不安定な場合は、無理なく続けられるかどうか確認が必要です。

積立NISAと貯金の使い分け

短期的な目標

教育資金やマイホーム購入など、数年の間に必要な資金は、貯金で準備するのがおすすめです。

長期的な目標

老後の資金準備など、数十年後の目標には、積立NISAを活用して資産形成するのがおすすめです。

積立NISAを始める前に

投資の勉強をする: 積立NISAを始める前に、投資の基礎知識を身につけることが重要です。

リスクを理解する

積立NISAは元本割れの可能性があります

リスクを理解した上で、投資額を決めることが大切です。

長期的な視点で考える

積立NISAは長期的な資産形成のための制度です。
短期的な利益を期待せず、長期的な視点で運用することが重要です。

積立NISAのメリット

非課税で投資できる: 積立NISAで得た利益は、一定額まで非課税になります。

投資信託の選択肢が豊富: 積立NISAで選べる投資信託は、約2,000本と豊富です。

積立NISAのデメリット

元本割れの可能性がある: 積立NISAは投資商品なので、元本割れの可能性があります。

毎月の積み立てが必要: 積立NISAは毎月一定額を積み立てる必要があります。

積立NISAは、長期的な資産形成に有効な制度です。
貯金と使い分けることで、効率的に資産を増やすことができます。




Translate »
テキストのコピーはできません。