学生時代の友達は超貴重な存在・・・なのに全員疎遠になる人もいる?




学生時代の友達と疎遠になってしまうことは、決して珍しいことではありません。

進学、就職、結婚、引っ越しなど、人生の節目を迎えるごとに、
環境や価値観が変化し、自然と疎遠になってしまうことが少なくありません。

友達って大事にしようと意識することは切実に大事ですよね。
会わないと忘れていく・・・というのは恋愛でもそうですが、
友人関係もまた同じ。

関係を続けていくためには、会おうとする気持ちや
実際、会うことが大切ですね。

卒業してからもう会ってない
一度も会わなくなると、相手も連絡をしにくくなり、
だんだんと疎遠になってしまいます。

学生時代の友達と疎遠になる原因

環境の変化
価値観の変化
人間関係のトラブル

環境の変化としては、進学や就職などで、生活圏が変わってしまうことが挙げられます。また、結婚や出産などのライフイベントを経験することで、生活スタイルや価値観が大きく変化し、疎遠になってしまうこともあります。

人間関係のトラブルとしては、喧嘩や誤解などが原因で、関係が悪化してしまうことがあります。また、一方的に連絡を控えてしまったことで、疎遠になってしまうこともあります。

学生時代の友達とは、同じ環境で過ごした時間や、共通の思い出があるからこそ、親しくなれたのかもしれません。しかし、環境や価値観が変われば、それまでの関係を維持することは難しくなります。

学生時代の友達と疎遠になったとしても、新しい友達を作ったり、趣味や仕事を通じて、新しい人間関係を築いたりすることで、寂しさや不安を解消することができます。

学生時代の友達は、貴重な存在です。

学生時代は、人生において最も多感な時期です。同じ学校に通い、
同じ授業をうけ、同じ部活やサークルに所属することで、価値観や考え方を共有する仲間ができます。

特に、部活が同じで一緒に苦楽をともにした、という経験は
仲間意識を生み出すものですね。

青春時代に、あの人が好きで・・・とか密やかに話しあった友達は
貴重な存在です。

友人も大事にしたいと思う気持ちが一番大事ですね。




Translate »
テキストのコピーはできません。