本ページにはプロポーションが含まれています

同窓会行きたいけど行きたくない?

シェアする





同窓会に行きたいけど行きたくない気持ち、
よく分かります。

私も昔同じような経験をしたことがあります。

行きたい気持ちと行きたくない気持ちの葛藤

同窓会に行きたい気持ちは、

昔の懐かしい友達に会いたい
近況を報告し合いたい
学生時代の思い出話に花を咲かせたい
といった思いから来ているのかもしれません。

一方、行きたくない気持ちは、

昔の嫌な思い出が蘇るのではないか
今さら昔の友達と話すことはないのではないか
時間とお金がもったいない

正直、会いたくない人も来る、という可能性もあるんですよね。

苦手だった人、全然仲良くない人と会っても

気まずくなりそうです。

また、トラブルがあって会いたくない人もいたりしますよね。

色恋沙汰とか・・・

片思いだったり

失恋したり

元カレがいるとか・・・

同窓会で、実はオレ結婚してさ・・・という話あまり聞きたくないです。

いまだ独身でさ・・・と言われても、特に気持ちも動くものはないのですが・・

どちらの気持ちも尊重する

どちらの気持ちもあなたの大切な気持ちなので、
どちらか一方を否定する必要はありません。

まずは、自分がなぜ同窓会に行きたいのか、
行きたくないのか、その理由をじっくり考えてみましょう。

参加するかどうかは自由

同窓会はあくまでも任意のイベントなので、
参加するかどうかはあなた次第です。

もし、参加したくない場合は、無理に参加する必要はありません。
断る理由も、体調不良や仕事など、正直に伝えなくても構いません。

すごく親しかった友人なら、個人的な連絡先を知っている。

なので、仲が良い人やメンバーと会うのは楽しいのです。

誘われれば行きたいし、断ることも滅多にありません。

会いたい人とはつながりたいですね。

参加する場合の心構え

もし、参加することを決めた場合は、

昔の思い出に囚われず、今の自分を楽しむ
無理に昔の友達と仲良くしようとしなくても良い
疲れたら早めに帰る
といった心構えで参加すると良いでしょう。

どうしても同窓会に参加したくない場合は、同窓会以外にも昔の友達と会う方法はあります。

個別に連絡を取ってみる
SNSで繋がる
地域の同窓会に参加してみる
といった方法があります。

同窓会に参加するかどうかは、最終的には自分の気持ちに正直に決めるのが一番です。周りの意見に流されるのではなく、自分がどうしたいかを一番に考えてみましょう。




シェアする

Translate »