ケンカするほど仲がいい!?





「ケンカするほど仲がいい」という言葉は、

よく聞かれる言葉ですが、本当にそうなのでしょうか。

相手に対して、遠慮なく言いたいことを言い合える関係性

相手に対して、強い信頼関係を築けている関係性

1つ目の意味は、相手に対して、自分の意見や考えを素直に伝えられる関係性です。

そのため、時には意見が対立して喧嘩になることもあるかもしれませんが、

それはお互いに相手の意見を尊重しているからこそ起こると言えます。

2つ目の意味は、相手に対して、強い信頼関係を築けている関係性です。

そのため、時には相手の言動に腹が立ったり、

不満を感じたりすることもあるかもしれませんが、

それは相手を大切に思っているからこそ起こると言えます。

どちらの意味にしても、喧嘩をするということは、

お互いに相手を大切に思っているからこそ起こると言えます。

そのため、喧嘩をしてもすぐに仲直りできるような関係性こそが、

本当の意味での「ケンカするほど仲がいい」関係性と言えます。

喧嘩ばかりしていては、関係が悪くなる可能性もあります。

けんかをした時に、お互いに連絡を取らなくなる。
お互いに謝らず、そのままでは疎遠になってしまいます。

そのため、喧嘩をしても、お互いに相手の気持ちを尊重し、

すぐに仲直りできるようにすることが大切です。

相手の立場に立って考える
自分の気持ちを素直に伝える
謝るときは素直に謝る
相手の良いところを認める

喧嘩をしても仲直りできるような、より深い関係を築くことができるはず。




Translate »
テキストのコピーはできません。