貧乏ゆすりをする人の心理、まわりの人はうっとうしいと感じている・・・体には良い?


貧乏揺すりは周りの人に不快感を与える場合があり、

うっとうしいと感じてしまうのは無理もありません。

しかし、貧乏揺すりをする人にも様々な心理状態が
隠されていることを理解しておくと、少し見方が変わってくるかもしれません。

貧乏揺すりをする人の心理状態

ストレスや緊張

仕事や人間関係などでストレスや緊張を感じている時に、
無意識に体を動かして気持ちを落ち着かせようとしていることがあります。

集中力アップ

一定のリズムを刻むことで、集中力を高めようとしている可能性もあります。

退屈

会議や授業など、退屈で集中できない時に、
体を動かして時間を潰そうとしていることがあります。

幼い頃から貧乏揺すりの癖がついており、
特に深い意味もなく行っている場合があります。

病気

まれに、貧乏揺すりが病気の症状である場合もあります。
例えば、注意欠陥多動性障害(ADHD)や restless legs syndrome
(下肢静止不能症候群)などの病気では、貧乏揺すりのような症状が現れることがあります。

貧乏揺すりに対する対処法

直接伝える
相手と親しい関係であれば、直接「貧乏揺すりが気になる」と
伝えてみるのも一つの方法です。ただし、言い方によっては
相手を傷つけてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

場所を離れる

どうしても気になる場合は、席を離れたり、
別の場所で過ごしたりするのも一つの方法です。

気にしない

貧乏揺すりをする人は、周りの迷惑を意図して
行っているわけではないことが多いです。
できるだけ気にせず、自分自身に集中するようにしましょう。

まわりの人は、若干不快に感じると言われる癖ですが、
貧乏ゆすりには体に良い効果があると言われていたりします。
思わぬ健康法ですね。他人からは良く思われないのに、体には良い・・

こんな健康法があることに驚きです。

血行促進

貧乏ゆすりによって足首やふくらはぎの筋肉が動くと、
血液循環が促進されます。

冷えやむくみの解消
全身の血流改善
体温上昇
免疫力向上
ストレス解消

貧乏ゆすりには、副交感神経を優位にする効果があると言われています。
副交感神経は、心身をリラックスさせる働きを持つ神経です。

ストレス軽減
リラックス効果
集中力向上
糖尿病予防
高血圧予防
骨粗鬆症予防

周りの人に迷惑をかけないように、静かに行う

長時間続けると腰痛や膝痛の原因になることがあるので、適度に休憩する

正しい姿勢で行う

貧乏ゆすりは、誰でも簡単にできる健康法です。
ぜひ日常生活に取り入れてみてください。








Translate »
テキストのコピーはできません。