夫の会話がとんちんかん?会話のキャッチボールができない旦那がストレス・・・


ご主人のとの会話が噛み合わず、モヤモヤしてしまうことってありますよね。

実は、夫婦間の会話がとんちんかんになるのはよくあること。

ここでは、その原因と解決策についていくつかご紹介します。

1. 脳の構造の違い

男女の脳の構造は異なり、コミュニケーションの仕方にも違いがあります。

男性脳は空間認知能力や論理的な思考能力に優れている一方、
女性脳は共感能力や言語能力に優れていると言われています。

そのため、同じ内容を話していても、男性と女性では理解の仕方が異なることがあります。

2. コミュニケーションの目的の違い

男性と女性では、コミュニケーションの目的も異なる場合があります。
男性は情報を共有したり、問題解決をしたりすることを目的として
会話することが多い一方、女性は共感を求めて会話することが多いと言われています。

男性は結論を急ぎ、女性は話が長くなりがちです。

3. 聞き方の違い

男性と女性では、聞き方にも違いがあります。
男性は結論を聞き取ろうとする傾向があり、
女性は話の内容全体を聞き取ろうとする傾向があります。

男性は話を遮って結論を聞いてしまうことがあり、
女性は話が最後まで聞いてもらえないと感じることがあります。

4. ストレスや疲れ

ストレスや疲れが溜まっていると、集中力が低下し、
相手の話に正しく耳を傾けられなくなることがあります。

また、イライラしていると、相手の発言を過剰に解釈してしまうこともあります。

5. 価値観の違い

育ってきた環境や経験によって、価値観は人それぞれ異なります。
そのため、同じ出来事でも、夫婦間で異なる
解釈をすることがあります。

解決策

1. 相手の違いを理解する

まず、男女の脳の構造やコミュニケーションの目的の違いを
理解することが大切です。

相手がなぜそのような発言をしたのか、相手の視点から考えてみましょう。

2. 話す前に整理する

何を伝えたいのかを事前に整理しておくと、
話が論理的になり、相手に伝わりやすくなります。

3. 相手の話を最後まで聞く

結論を急ぎすぎず、相手の話を最後まで聞いて
から自分の意見を述べましょう。

4. ストレスや疲れを溜めない

ストレスや疲れを溜めないように、
適度にリフレッシュしましょう。

5. 価値観の違いを話し合う

価値観の違いは、夫婦間で話し合うことで理解し合うことができます。

会話の際は、目を見て真剣に話を聞く。

相手の意見を否定せず、受け入れる。

ユーモアを交えながら会話を楽しみましょう。

あなたの周囲に「しっかりしてそうなのに抜けている人」はいませんか? あの人に頼めば大丈夫だろうと期待しても、忘れていたりミスが多かったり…...








Translate »
テキストのコピーはできません。