人が辞める会社の共通点


1. 労働環境・労働時間に問題がある

残業時間が多く、プライベートとの両立が難しい
休暇取得が難しく、リフレッシュできない
通勤時間が長い
休日出勤が多い
体力的・精神的に負担が大きい

2. 給与・待遇に不満がある

給与が低い
ボーナスが少ない
福利厚生が少ない
昇給制度がない
評価制度が不透明

3. 職場の雰囲気が悪い

人間関係が悪い
パワハラ・セクハラがある
上司からの圧力がある
コミュニケーション不足
陰口や悪口が多い

4. キャリアパスが不明確

昇進昇格の制度がない
将来のキャリアプランが描きにくい
スキルアップの機会が少ない
仕事の幅が広がらない
成果が認められない

5. 会社の経営状況が悪い

業績が悪化している
リストラがある
将来が不安
給与の遅配や未払いがある
会社の存続が危ぶまれる

これらの問題が複合的に絡み合い、人が辞めていく会社となります。

人が辞めていく会社の末路

人材不足になり、業務が回らなくなる
顧客満足度が低下する
業績が悪化する
企業イメージが悪くなる
優秀な人材が流出する
会社の存続が危ぶまれる

会社が存続していくためには、人が辞めない環境を作ることが重要です。

人が辞めない会社の条件

人が辞めない会社には、条件があります。

1. 働きやすい環境

労働時間や休暇制度が適切
体力的・精神的に負担が大きい仕事がない
コミュニケーションが活発
人間関係が良い

2. やりがいのある仕事

自分の能力を活かせる仕事
成果が認められる
キャリアアップの機会がある
社会貢献を感じられる仕事

3. 納得できる給与・待遇

業界平均以上の給与
充実した福利厚生
昇給昇格制度がある
評価制度が透明

4. 将来が見えやすい

会社の経営状況が安定している
事業計画が明確
キャリアパスが明確

5. 従業員を大切にする経営

従業員の声を聞く
従業員の成長を支援する
従業員の幸せを追求する

これらの条件を満たすことで、人が辞めない会社を作ることができます。








Translate »
テキストのコピーはできません。