職場で嫌なことがあった時・・・嫌な出来事を引きずってしまう?





嫌なことを思い出さないように、意識的に別のことに集中する。

趣味や好きなことをして、気分転換をする。

運動や散歩をして、リフレッシュする。

音楽を聴いたり、アロマテラピーを活用したりして、リラックスする。

同僚や友人、家族などに話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になることがあります。

客観的な意見を聞くことで、問題解決の糸口が見つかるかもしれません。

状況によっては、泣き寝入りするのではなく、毅然とした態度で対応することも必要です。

職場で嫌なことがあっても、「自分だけではない」ということを忘れないでください。
多くの人が同じような経験をしています。

うまくいっているように見える人も、案外知らないだけで
家では泣いていたりするのかもしれません。

順風満帆に見えた人でさえ、実は家族問題を抱えていたり、
家では辛いことがあったりと、人は見た目ではわからない事情もあります。

辛いのは、自分だけじゃない・・

完璧主義:完璧を求めるあまり、ちょっとしたミスや失敗でもいつまでも気にし続けてしまう。

自己否定:自分に自信がないため、嫌なことが起こると自分のせいにしてしまう。

不安:嫌なことがまた起こるのではないかと不安になり、心配し続けてしまう。

トラウマ:過去の嫌な経験が原因で、似たような状況に陥るとフラッシュバックしてしまう。

嫌なこと引きずってしまうと、気分が落ち込んだり、
集中力が低下したり、睡眠障害などの問題を引き起こす可能性があります。

嫌なことを引きずってしまわないための対処法

1. 気持ちを書き出す

嫌なことがあったら、ノートやメモ帳に気持ちを書き出してみましょう。
気持ちを整理することで、客観的に捉えることができるようになります。

2. 自分を責めない

嫌なことが起こっても、それは自分のせいではないということを理解しましょう。
誰でも完璧ではありません。

3. 気分転換をする

嫌なことを思い出さないように、意識的に別のことに集中しましょう。
趣味や好きなことをして、気分転換をしましょう。

4. 信頼できる人に相談する

家族や友人、カウンセラーなどに話を聞いてもらうことで、
気持ちが楽になることがあります。




Translate »
テキストのコピーはできません。