パワハラはされるほうが悪い?やめさせる方法はないのか?


パワハラする人への対応

1. 証拠を集める

パワハラを受けた日時、場所、内容、発言者、
目撃者などを記録しておきましょう。

メモや録音、メールなど、客観的な証拠があると効果的です。

2. 相談する

信頼できる人に相談しましょう。同僚、上司、
人事部、外部の相談窓口など、相談できる相手は複数あります。

3. 会社に報告する

会社にパワハラがあったことを報告しましょう。
会社はパワハラ防止の義務を負っており、
調査を行い、適切な対応を取る必要があります。

具体的な対応方法

1. 証拠を集める

メモを取る:日時、場所、内容、発言者などを具体的に記録しましょう。

録音する:会話の内容を録音しておくと、客観的な証拠になります。

メールを保存する:パワハラに関するメールは、削除せずに保存しておきましょう。

目撃者に証言してもらう:パワハラを目撃した人がいれば、証言してもらいましょう。

2. 相談する

同僚:信頼できる同僚に相談し、アドバイスをもらいましょう。

上司:パワハラを受けている上司ではない別の直属の上司に相談しましょう。

人事部:会社のパワハラ相談窓口に相談しましょう。

外部の相談窓口:公益社団法人「日本労働組合総連合会」
「法テラス」などの外部の相談窓口に相談しましょう。
3. 会社に報告する

パワハラ防止法に基づき、会社はパワハラを受けた人からの報告を受け、
調査を行う義務があります。

人事部に相談するか、パワハラ防止委員会に報告しましょう。

報告書を作成し、日時、場所、内容、発言者などを具体的に記載しましょう。

パワハラは決して許される行為ではありません。
一人で悩まず、周囲に相談し、適切な対応を取るようにしましょう。

必要であれば、労働基準監督署に相談したり、弁護士に相談したりすることもできます。








Translate »
テキストのコピーはできません。