職場のパワハラはなくならないもの?その理由とはなぜか?パワハラ上司をやっつけたい


 

パワハラがなくならない理由は、いくつかあります。

学校でもいじめ問題なども毎年ありますが、人がいるかぎり

なくなってくれない問題なのでしょうか?

 

パワハラもいじめも似たようなものですよね。

被害者側が嫌な気持ちになったり、精神的に病んでしまうのは、

すでにパワハラです。ただ、いじめでもそうですが、

被害に遭う人は我慢してしまう、耐えてしまう。誰にも言わず

悩んでいるとなかなか言えない性格であったりします。

 

家族には相談していても、最悪なケースでは自分でこの世を突然去る、という人も

少なくはありません。

 

 

加害者が自分の言動がパワハラだと認識していない


被害者が声を上げにくい


会社がパワハラ対策に十分に取り組んでいない


パワハラは、職場の人間関係や環境によって起こりやすい問題です。

 

 

パワハラなくすためには

 

加害者・被害者双方がパワハラについて理解を深める


被害者が声を上げやすい環境を作る


会社がパワハラ対策に積極的に取り組むことが重要です。

 

 

具体的な対策としては、

パワハラに関する研修を定期的に行う


相談窓口を設置する


パワハラがあった場合の調査・処分を徹底する


などが挙げられます。

 

パワハラは、個人の問題ではなく、職場全体の問題です。

一人一人がパワハラについて理解を深め、声を上げやすい環境を作ることが、パワハラをなくすために重要です。

 

1. 証拠を残す

パワハラを受けた場合は、証拠を残すことが重要です。

 

暴言や罵倒を受けた場合は、録音する


嫌がらせを受けた場合は、日時や場所、内容をメモする


メールやLINEでやり取りがあった場合は、保存する


証拠があれば、会社に相談したり、外部機関に訴えたりする際に役立ちます。

 

2. 上司に直接伝える

 

証拠がある程度集まったら、上司に直接伝えるのも一つの方法です。

 

伝える際は、具体的な日時や場所、

内容を伝え、なぜパワハラだと感じたのかを説明しましょう。

 

 

3. 会社に相談する

 

上司に直接伝えるのが難しい場合や、改善が見られない場合は、会社に相談しましょう。

 

相談先は、人事部や上司の上司などです。

 

会社に相談する際は、証拠を提出すると効果的です。

 

4. 外部機関に相談する

 

会社に相談しても解決しない場合は、外部機関に相談するのも一つの方法です。

 

外部機関には、

 

労働基準監督署
弁護士会
警察
NPO法人

 


5. 転職する

 

パワハラがひどい場合は、転職することも一つの選択肢です。

 

転職は、精神的な負担を軽減し、新しい環境で再出発するという意味で有効です。

 

パワハラ対処のポイント

 

一人で悩まずに、周囲に相談する
証拠を残す
毅然とした態度で対応する
自分の心身を大切にする


パワハラは、決して許される行為ではありません。

 

 

もし、パワハラを受けている場合は、

一人で悩まずに、周囲に相談し、適切な対処を取ることが大切です。








Translate »
テキストのコピーはできません。