因果応報エピソード、職場のパワハラ、嫌がらせする人は許せんよ?


因果応報って本当にあるの?

と不思議に思うことがありますよね。

目に見えるようなものでもないし、運気の流れなどは誰にも見えません。

今この瞬間したことが、いきなりかえってくるわけでもないので
いまいちわからないことも多いですね。

ただ、自分がしたことはいいことも悪いことも返ってくると言われています。

例えば、相手のことを好きと思えば、相手からも好きと思われている場合が多いし

反対に相手のことをなんかあの人嫌、と思えば、相手からもなんか
あの人嫌、と思われている可能性は高いです。

動物も愛情をもって接していたりお世話していたら、いずれすりすりと近寄ってきて
懐きますが、動物にひどいことをすれば、当然近寄ってきません。

相手を敵を思い威嚇したり、攻撃してくる場合もありますね。

人にひどいことをすれば、相手からも良くは思われません。

そして、ひどいことを繰り返したり、恨まれるようなことをすれば、

いいことが将来待っているとは思えないですよね。

大勢の人から恨まれてたら、負のオーラのようなものが自分に纏わりつきます。

それがいつか悪い形となって帰ってくる場合があります。

職場でパワハラや部下をいじめていたら、その人は
おそらく家庭ではなにかしら問題を抱えることになるケースもあります。

また将来的に自分が健康ではなくなったりしますね。

1. パワハラ上司の転落

学生時代にアルバイトをしていた店で、
パワハラが酷い店長がいました。

彼はスタッフに暴言を吐いたり、
無理な仕事を押し付けたり
陰口を言ったりして、多くの人を苦しめていました。

しかし、ある日突然、彼は会社から解雇されることになりました。
理由は、彼が顧客に横柄な態度を取って、クレームが殺到したためです。

解雇された後、彼は職に就けず、生活に困窮したそうです。

2. 嘘で人を陥れた人の末路

学生時代の友人Aは、いつも嘘をついて人を陥れるような性格でした。
ある日、Aは友人に嘘を吹き込み、私たちを別れさせようとしました。

しかし、彼の嘘はすぐにバレてしまい、
彼は周囲から信用されなくなりました。

その後、彼は大学を中退し、就職活動も失敗。

因果応報は必ずしも目に見えない

これらのエピソードのように、嫌がらせをする人は必ずしも
すぐに報いを受けるわけではありません。

しかし、長い目で見てみると、彼ら自身の行動によって
不幸を招いてしまうことが多いようです。

因果応報は目に見えない形で訪れることもあります。

例えば、嫌がらせをする人は周囲から信用されなくなり、
人間関係が悪くなったり、仕事やプライベートで
問題を抱えたりする可能性があります。

大切なのは自分自身の心

嫌がらせを受けた時、相手を恨んだり、
復讐したい気持ちになるのは当然です。

しかし、そのような感情に支配されてしまうと、
自分自身の心が苦しくなってしまいます。

大切なのは、自分自身の心を守り、前向きに生きていくことです。
嫌がらせを受けた経験を糧にして、より強く、優しい人間へと成長していきましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。