職場の人間関係で板挟みになる人の特徴

板挟みになる人の特徴

他人から嫌われたくない

どちらか一方の意見に加担してしまって、もう一方の人から嫌われたくないのです。

なので、どちらからも嫌われない状況、

つまりどっちつかずの態度になってしまい、結果板挟みの状態に陥ります。

自意識過剰気味

双方から意見を求められた場合に、
「ここで自分がこの意見を伝えるとこちらに決まってしまう」などと、
自分の意見が結果を左右してしまうと思い込んで、
意見を伝えられないという状況を自ら作ります。その状況が板挟みという状態を生み出します。

人に合わせることが得意
協調性があり、争いごとを避ける
相手の気持ちに敏感で、傷つけないように気を遣う
自信が持てず、自分の意見を主張するのが苦手
責任感が強く、周囲を巻き込まないようにする

また、職種や立場によっても、板挟みになりやすい傾向があります。

中間管理職
調整役
人事・総務・営業など、関係者が多い部署で働く人

板挟みは、ストレスや不安の原因となるだけでなく、
人間関係や仕事のパフォーマンスにも悪影響を及ぼす可能性があります。

板挟みになりやすい人は、自分の性格や特徴を理解し、適切な対処法を身につけることが大切です。

板挟みになりやすい人が実践できる対処法

まずは、自分の意見をはっきり伝えることが大切です。

どちらか一方の意見に加担することが、
必ずしも相手から嫌われることにはつながりません。

また、自分の意見をはっきり伝えることで、相手もあなたのことを理解しやすくなります。

両者の意見の共通点や違いを探ることで、解決の糸口を見つけることができます。
また、両者の立場や意見を理解することで、感情的にならず、冷静に状況を判断しやすくなります。

自分で解決するのが難しい場合は、第三者に相談するのも一つの方法です。
第三者の意見を聞くことで、新しい視点が得られたり、問題を客観的に見られたりすることができます。






Translate »
テキストのコピーはできません。