仕事できない人に優しくできない?

シェアする





仕事ができない人に優しくできないという悩みは、
多くの人が抱えるものです。

仕事ができないことに対するイライラや不満です。

仕事ができない人がいると、自分の仕事に支障が出たり、
チーム全体の成果に影響が出たりすることがあります。

そのため、仕事ができない人に対してイライラしたり、不満を感じたりするのは自然なことです。

仕事ができないことに対する偏見や思い込みです

仕事ができない人は、努力していない、能力が低い、
といった偏見や思い込みを持っている人は、
仕事ができない人に優しく接することが難しくなります。

仕事ができない人に優しくするためには、
まず、これらの理由を理解することが大切です。

仕事ができない人の立場に立って、
その人がどんな思いで仕事をしているのかを想像してみてください。

努力しているにもかかわらず、なかなか成果が出せないこともあるでしょう。
そうした相手の気持ちに寄り添うことで、イライラや不満を解消することができます。

相手の良いところを見つける

仕事ができないことばかりに目を向けていると、
どうしてもマイナスな印象しか持てません。

しかし、仕事ができない人でも、必ず良いところはあります。

仕事をするのは遅いけれど、丁寧にやってくれている、
などですね。

3か月しか働いていない人と5年以上そこにいる人とは
仕事のスピードも変わるのは普通のことです。

まだ3か月しかいない人にすべてのことがわかるわけもありません。

その良いところを見つけて、それを褒めるようにしましょう。

そうすることで、相手の自信につながり、仕事に対する意欲が高まります。

仕事ができない人のできないことばかりに目を向けていると、
どうしても優しく接することが難しくなります。

しかし、仕事の成果にフォーカスすることで、
相手の仕事に対する意欲を高めることができます。相手の成果を認め、それを褒めるようにしましょう。

仕事の成果を上げるためにも、
そしてチームワークを円滑にするためにも、必要なことです。










シェアする

Translate »