こどもの反抗期で母の心が壊れる・・・反抗期がまったくないとどうなる?


反抗期は、子どもが自我を確立していく大切な時期であると同時に、
親にとっても大きな試練となる時期です。

子どもの態度や言葉に傷つき、心身ともに疲弊してしまう
母親も多いのではないでしょうか。

1. 母親自身の性格や考え方

完璧主義で、子どもに高い期待を寄せている母親は、
反抗期の子どもの態度に失望しやすく、心を傷つけやすい傾向があります。
一方、子どもの成長を温かく見守ることができる母親は、反抗期も子どもとのコミュニケーションを楽しむ機会と捉えることができます。
2. 子どもの反抗期の程度

反抗期は、子どもによって程度が大きく異なります。
比較的軽い反抗期であれば、母親もそこまで心を傷つけることはないでしょう。

一方、暴言や暴力などの激しい反抗期の場合は、
母親も大きな精神的負担を感じ、心が壊れてしまう可能性もあります。

3. 周囲のサポート

夫や家族、友人など周囲のサポートがあれば、
母親も孤立感を抱きにくく、心の負担を軽減することができます。

一方、周囲の理解やサポートがない場合は、
母親一人で抱え込み、心が壊れてしまう可能性も高くなります。

反抗期は、親子にとって乗り越えるべき課題です。

母親は、子どもの成長を信じて、冷静に接することが大切です。

子どもの気持ちを受け止める
子どもと対話する
子どもの成長を信じる
周囲のサポートを利用する

もし、母親自身が心身ともに限界を感じている場合は、一人で抱え込まずに周囲に助けを求めましょう。

反抗期がないとどうなる?

反抗期は、子どもが自我を確立していく過程で、
親に対して反抗的な態度をとる時期です。

反抗期がない場合

1. 自立心の発達が遅れる

反抗期は、親の価値観から離れ、自分自身の価値観を確立
していくための大切な時期です。
反抗期がない場合、親に依存しやすく、自立心が発達しにくくなる可能性があります。

2. ストレスを溜め込む

反抗期は、親に対して不満や怒りなどの感情をぶつけることで、
ストレスを発散することができます。
反抗期がない場合、これらの感情を溜め込んでしまい、心身に悪影響を及ぼす可能性があります。

3. 人間関係に問題が生じる

反抗期は、親以外の大人とコミュニケーションをとるきっかけにもなります。
反抗期がない場合、コミュニケーション能力が低くなり、
人間関係に問題が生じる可能性があります。

4. 将来、問題行動を起こす

反抗期は、社会のルールや規範を学ぶ機会にもなります。
反抗期がない場合、ルールを守ることができず、
将来、問題行動を起こしてしまう可能性があります。

ただし、反抗期がないこと自体は悪いことではありません。

もともと性格が穏やかな子どもや、親との関係が良好な子どもは、
反抗期を経ることなく、自然に自立していくこともあります。

大切なのは、子どもが自分の意見や気持ちをしっかりと
表現できる環境を整えることです。

子どもと対話する
子どもの話をよく聞く
子どもの意見を尊重する
子どもを否定しない

反抗期は、親子にとって一時的な試練です。

親も子どもも、共に成長していくチャンスと捉え、
乗り越えていきましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。