50代60代になると、同窓会に行きたくない・・・断り方


50代60代になると、同窓会に行きたくないという気持ち、
よくわかります。

同窓会に行きたくない理由

近況報告やマウンティングが面倒
昔の自分と比べられるのが嫌
お金と時間の無駄
人間関係が面倒
そもそも、学生時代が楽しくなかった
今の生活に満足していて、わざわざ昔の仲間と会わなくても良い

断り方の例

仕事が忙しい
体調が悪い
家族の事情
予定が埋まっている
遠方なので参加できない
正直に、行きたくない気持ち

無理に参加する必要はありません

同窓会はあくまでも任意のイベントです。

行きたくない場合は無理に参加する必要はありません。

断り方

早めに断る
正直に理由を伝える
感謝の気持ちを伝える

もし参加する場合

自分が楽しめるように準備をする
無理はしない
期待しすぎない

同窓会に行きたくない気持ちは、決して悪いことではありません。

結局のところ、同窓会に行きたい、と思う気持ちは
会いたい人がいる
あの時の仲間に会いたい
会って楽しい思い出を作りたい
また再会して、絆を深めたい
これからも仲良くできる人がいたら
プライベートでも会いたい

好きだったあの子が今も独身だったら・・・・・・ラブアゲイン密かに期待・・・ワクワク
などの思いがあるものですが、

行きたくないと感じる理由は、会いたい人がいないからですね。

話題もマウントや見栄の張りあいになりそうでいや・・・

とは言え、50代60代の同窓会を断れば、もう同級生に会う機会はほとんどないです。

おそらく、もう二度とないでしょう。

このご時世、人生100年時代とも言われますが、
100歳まで生きている人は少数です。

そして、コロナウイルスやがん、脳卒中などで、この世を去ることにも・・・

人生の最後に同級生の顔を見る最後の機会だと思って行くのもありです。

一期一会の出会いともいいますが、人との出会いは、ほんの一瞬のもので、
ほとんどの人は一度会っただけで、その後関わることもあまりなく
出会っても別れることがほとんどです。

そのへんの道でばったり再会する確率は、0.0000000001%です。

会っても見た目が変わってて気づかない可能性もあります。

などいろいろ・・・

人生いろいろですね。

同窓会を断る際のポイント

同窓会への参加は義務ではありません。無理せず、自分の気持ちに正直に断りましょう。

断り方のポイント

早めに断る
理由を伝える
感謝の気持ちを伝える
具体的な断り方の例

1. 正直に理由を伝える

仕事が忙しい
体調が悪い
家族の事情
予定が埋まっている
遠方なので行けない

ご連絡ありがとうございます。同窓会開催のお知らせ、とても嬉しく拝見しました。

せっかくのお誘いなのですが、あいにくその日は仕事が入っており、参加することができません。

久しぶりに皆さんに会えるのを楽しみにしていたのですが、大変残念です。

次回の機会があればぜひ参加させてください。

幹事さん、色々とありがとうございます。

感謝の気持ちを伝える

断る際にも、感謝の気持ちを伝えることは大切です。

ご連絡ありがとうございます。同窓会開催のお知らせ、とても嬉しく拝見しました。

せっかくのお誘いなのですが、あいにくその日は参加することができません。

久しぶりに皆さんに会えるのを楽しみにしていたのですが、大変残念です。

次回の機会があればぜひ参加させてください。

幹事さん、色々とありがとうございます。

このような理由で断りましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。