自分を苦しめた人が幸せそうに見える・・・因果応報なんてないのではないか?許せない!


自分を苦しめた人が幸せそうにしているのを見ると、
様々な感情が湧き起こるのは当然のことです。

自分が苦しんでいるのに、相手は幸せそうにしているという不公平感から、
悲しみを感じるのは当然です。 悲しみを受け止め、自分自身をいたわることが大切です。

幸せそうに見えても、実は苦しんでいる可能性もあります。

人の表面的な姿だけで判断するのは避けましょう。

自分を苦しめた人が幸せそうだからといって、
自分が悪いわけではありません。

他人の幸せばかり気にしていると、自分が不幸になってしまう可能性があります。

自分の幸せを追求することが大切です。

人を苦しめたり、傷つけたり、また騙したりするのは最悪最低の行いです。

例えば、若い女性が男性を騙して、SNSで2人で会わないかと誘導し、

実は裏では、知り合いの男性数人と、おびき出した男性に対して脅して
お金を取るようにしようとすることなんてのは、
人として人間性に問題があるし、まずお金を人から盗もう、脅して取ろうとする行動自体が犯罪です。

誘うのは女性で、実は男がグルで犯罪をしようとする行いを

美人局というようですが、そうゆうニュースもよくあるので気を付けたほうがいいですね。

SNSは便利ですが、反面、あまり信用できるとは言えないような

犯罪グループと出会ってしまう心配もあります。

あまり2人では会わないのが無難ですね。

女性を利用して、「オレの女になにか用があるのか???」みたいに脅す人のほうが
間違っていますので、そうゆう人に出会わないように注意することが大事です。

仮にそうゆうことがあるなら、とりあえずお金だけ渡して
ささっと帰り、すぐに警察に届ける、という方法がいいと思います。

お金よりも大事なのは
命ですから・・

そうゆう人は、逮捕されるだけなので、
他人を騙したり傷つけたりしても結局は、バチが当たります。

刑務所暮らしで自由もない生活。
若くても、思うように生きられず美味しいものも食べられず、
行きたいところにも行けなくなります。

因果応報は、仏教の教えの一つで、「善行には善報が、悪行には悪報が必ず訪れる」という考え方です。
現実に目を向けると、人を苦しめた人が幸せそうに過ごしているように見えることがあります。

なぜ、因果応報がすぐに訪れないのか、
あるいは訪れないように見えるのか、いくつかの理由が考えられます。

1. 原因と結果の間に時間差がある

原因と結果の間には、必ずしも即時的な関係はありません。
善行や悪行の結果が、何年、何十年も後に現れることもあるのです。

2. 目に見えない結果もある

因果応報は、必ずしも物質的な豊かさや不幸といった
目に見える形で現れるとは限りません。人の心の状態や
人間関係といった目に見えない形で現れることもあるのです。

3. 人間の業

仏教では、人は前世からの業によって、今世の境遇が決まると考えられています。人を苦しめた人が、今世で幸せそうに過ごしているように見えても、前世で善行を積んでいたために、その報いを受けているのかもしれません。逆に、今世で苦しんでいる人は、前世で悪行を積んでいたために、その報いを受けているのかもしれません。

4. 因果応報は単なる教訓

因果応報は、現実の法則というよりも、
人々に倫理的な行動を促すための教訓として捉えることもできます。

人を苦しめた人が幸せそうに過ごしているように見えても、
必ずしもそれが真実とは限りません。
目に見えないところで、何らかの報いを受けている可能性もあります。

大切なのは、自分が善行を積み、良い人生を送ることです。

他人がどのような報いを受けようとも、自分が正しい道を歩んでいれば、必ず良い結果が訪れると信じましょう。

職場で不機嫌をあたり散らす人、イライラをぶつけてくる人の対処法








Translate »
テキストのコピーはできません。