PTAに入らないとどうなる?不参加、非加入はずるい親!?


PTAは任意加入なので、
入らないことによる法的デメリットはありません。

しかし、加入することで得られるメリットを受けられない可能性があります。

1. PTA活動への参加

役員や委員会への参加は免除されます。
イベントや行事の運営、ボランティア活動に参加できません。

2. 情報へのアクセス

PTA広報誌や連絡網など、PTAから配布される情報を受け取れない場合があります。
学校行事に関する情報や、地域の子育てに関する情報を得られる機会が減ります。

3. 子どもへの影響

ママさん繋がりがあれば、子供が万が一いじめられていたり

孤立していたり悩んでいる場合にも、

こどものつながりで、教えてもらえることもあるかもしれませんが

そうゆう繋がりがないと、気づけません。

ママさんとの話題は、こどもからの話題から耳にすることもあるので、

クラスで起きていることや問題点があっても

つながりがないと教えてもらえない、というデメリットがありますね。

なにかの会合に参加していないと、ママさんがどんな人がいるのかもわからないし、

仲良くなる機会すらありません。

登校班や学級活動など、PTAが運営する活動に参加できない場合があります。
他の保護者との交流機会が減り、孤立してしまう可能性があります。

4. 学校への影響

PTA活動への参加者が減ると、学校運営に支障が出る可能性があります。
保護者同士の交流が減り、学校全体の一体感が損なわれる可能性があります。

地域によっては、PTA加入が暗黙の了解となっている場合があり、
加入していないことで周囲から圧力を感じる可能性があります。

将来的に、子どもがPTA活動に参加する際に不利になる可能性もあります。

PTAに入らないかどうかは、それぞれの家庭でよく考えて判断する必要があります。

また、PTA活動への参加はできないものの、
子どもへの影響が出ないように、学校や他の保護者と積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

PTAに入らない親はずるい?

PTAは任意加入なので、入らないこと自体は全く問題ありません。

PTAに入らない親を「ずるい」と感じる人もいるかもしれません。

みんながやってることや、みんなも嫌なのに来ていること
我慢していることなどをやらない、行かない、となると、
人によってはあの人はさぼっていて怠けている、ずるい。・・・
と思われるかもしれません。

日本人は、みんなと同じ、普通が一番、多数派が正解のようなところがあるので、
それをしないと、ワガママ、と思われ嫌がられることもあるかもしれないです。

共働きでフルタイムで仕事をしていて忙しいなどなにかしら
参加できない理由があるのかもしれませんが、
やはり顔を出すということが大事になってくる場合もあります。

PTAに入らない理由としてはこんな理由があります。

時間がない
仕事が忙しい
PTA活動に興味がない
PTAの活動内容に疑問がある
過去のPTA活動で嫌な思いをした

PTAに入らない親への対応は、PTAや学校によって異なります。

PTAは、子どもたちのためになる活動を目指しています。
そのためには、加入・非加入に関わらず、保護者同士が協力し合うことが大切です。

PTAに入らない親は、周囲の理解を得られるよう、積極的にコミュニケーションを取ることが重要です。








Translate »
テキストのコピーはできません。