最近の日本生きづらい助けて・・・原因がよくわからない・・・生きづらさを感じるのはなぜ?




近年、日本では「生きづらい」と感じる人が増えていると言われています。その理由は、さまざまな要因が考えられます。

理由はわからないけれど、漠然とした不安感や辛さを感じているけれど
誰にも言えない・・・
最近の日本、生きづらいな・・・
なんだか辛いのは、一体なぜ?と思い悩む人は多いものです。

経済的な不安
少子高齢化やグローバル化の進展により、日本の経済は停滞しています。そのため、仕事や収入の安定が難しくなり、将来への不安を抱える人が増えています。

社会の変化
インターネットやSNSの普及により、情報や価値観の多様化が進んでいます。その一方で、伝統的な価値観や規範が揺らぎ、社会の変化に適応できない人も少なくありません。

個人の精神的な脆弱性
近年、うつ病や不安障害などの精神疾患の患者数が増加しています。また、SNSやメディアの影響により、他人と自分を比較して劣等感や不安を感じる人も増えています。

これらの要因が複雑に絡み合うことで、生きづらさを感じる人が出てきています。

仕事や収入の不安
将来への不安
人間関係の悩み
嫌いな人が多い
孤独感や孤立感
自己肯定感の低下
うつ病や不安障害などの精神疾患

気分が落ち込み、憂鬱感や不安感を感じる
食欲や睡眠の乱れ、疲労感を感じる
集中力や意欲の低下、決断力や判断力の低下を感じる
身体の不調や痛みを感じる
自殺願望や希死念慮を感じる

生きづらさを感じる場合は、無理をせずに専門家に相談するようにしましょう。早期の対応が大切です。

生きづらいと感じるのは、さまざまな原因が考えられます。

性格や気質
生きづらいと感じる人の中には、真面目で几帳面、完璧主義な人が多いと言われています。また、他人と比べて自分を劣等に感じる、自己肯定感が低い人なども生きづらさを感じる傾向にあります。

過去の経験
幼少期に虐待やネグレクトを受けた経験がある人は、愛着障害を抱えている可能性があります。愛着障害は、他者への信頼や依存をうまくできず、孤独感や不安感を抱えやすく、生きづらさにつながります。また、いじめや差別などの経験も、生きづらさを感じる原因となります。

病気や障害
うつ病や不安障害などの精神疾患、発達障害などの神経発達障害も、生きづらさにつながる可能性があります。これらの病気や障害は、認知や行動に影響を与え、日常生活を送ることが困難になることがあります。

社会環境
社会の価値観や生き方と、自分の価値観や生き方がうまく合わないと感じることも、生きづらさにつながります。また、仕事や人間関係の悩みも、生きづらさを増幅させます。

自分を大切にすることで、生きづらさが軽減されることがあります。自分に優しく接し、自分の気持ちを大切にしましょう。また、自分を認めてくれる人や、自分を支えてくれる人を見つけることも大切です。

ストレスを溜め込むと、生きづらさが悪化しやすくなります。ストレスを溜め込まないように、適度に休息をとったり、ストレス発散の方法を見つけたりしましょう。

生きづらさは、一人で抱え込まず、周囲の人に相談したり、専門家に相談したりすることも大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。