あっさり別れを受け入れた彼女の心理とは、別れて気づく彼女の大切さ、本当に大切なものは失ってから気づく




あっさり別れを受け入れた彼女、
別れ話をしたら、泣かれるかな?引き止められるのかな?と思いきや、
あっさりと承諾して追ってこない!!!

それも驚きますよね。

オレ、愛されてなかった???
と考えてしまいます。

あっさり別れを受け入れるには、2つ理由があります。

1つ目のタイプは、別れに対してすでに気持ちの整理がついているタイプです。このタイプの場合は、別れを告げられてもショックや悲しみを感じることはなく、むしろ「これでよかった」という気持ちの方が強いかもしれません。

例えば、彼氏の浮気や暴力など、別れざるを得ない理由があった場合、彼女はすでに別れの覚悟を決めているでしょう。そのため、別れを告げられても感情的にならず、冷静に受け入れることができます。

実は、彼氏と自分は合わないのではないか・・・と
彼女自身別れたいかもなぁと実は思っていた場合もあります。

また、彼氏との価値観やライフスタイルの違いが大きく、将来的に一緒になることが難しいと判断した場合も、彼女は別れを受け入れやすいでしょう。この場合、彼女は別れを告げられても、むしろ「新しい出会いを求めたい」という気持ちの方が強いかもしれません。

2つ目のタイプは、別れに対してまだ気持ちの整理がついておらず、でも別れることを受け入れざるを得ないタイプです。このタイプの場合は、別れを告げられるとショックや悲しみを感じますが、それでも別れを受け入れようと努力します。

例えば、彼氏の仕事の都合で遠距離恋愛になってしまう場合、彼女は別れを受け入れざるを得ないでしょう。この場合、彼女は別れを告げられると、涙を流しながらも「頑張って」と彼氏を送り出すでしょう。

また、彼氏の経済的な理由で結婚を諦めざるを得ない場合も、彼女は別れを受け入れやすいでしょう。この場合、彼女は別れを告げられると、寂しさや悔しさを感じながらも「彼の幸せを願う」と気持ちを切り替えるでしょう。

カレシのことを本気で愛しているからこそ、自分は犠牲になったとしても、
相手の幸せを願うという純粋な心理ですね。

もし、彼氏に新しい彼女や結婚相手が見つかったのだとしても、純粋なので、身を引いてくれることです。
それは、真に相手に対しての愛があるからこそです。

このように、あっさり別れを受け入れた彼女には、さまざまな理由があります。彼女の気持ちを理解するためには、彼女の性格や彼氏との過去の関係などを考慮することが大切です。

別れてから彼女の大切さに気づく男性は少なくありません。

彼女の存在を当たり前に感じていたからです。付き合っているときは、彼女の存在が当たり前すぎて、その大切さに気が付かないことがあります。しかし、別れてしまえば、彼女の存在が恋しくなり、その大切さを実感するのです。

愛してくれる人がいるということは、当たり前のことではないのです。
離れていってしまい、姿が見えないと、いてくれたことは当たり前じゃないんだ・・・と気づきます。
もう、取り戻せない失った人。
もう、二度と会えないかもしれない人になってしまったということです。

あんなに好きだったのに、あんなに愛してくれていたのに。。

大切にしなかったために、もう離れていってしまった。
心が離れれば、姿もそばにはいないです。

例えば、彼女が料理を作ってくれたり、掃除をしてくれたり、いつもそばにいてくれたりしたことを、別れてから初めて感謝するようになります。また、彼女の笑顔や笑い声、声のトーンなど、彼女の存在感を改めて感じるようになるのです。

彼女の存在がなくなったことで、自分の孤独感や寂しさを感じるからです。付き合っているときは、彼女がいることで安心感や幸福感を得ていました。しかし、別れてしまえば、その安心感や幸福感を失い、孤独感や寂しさを感じるようになるのです。

一人で食事をしたり、一人で映画を見たりするときに、彼女の存在が恋しくなります。また、彼女と過ごした思い出を振り返ると、彼女がいなくなったことを実感し、寂しさや悲しさを感じるようになります。

このように、別れてから彼女の大切さに気づく男性は、彼女の存在を当たり前に感じていたり、彼女の存在がなくなったことで、自分の孤独感や寂しさを感じたりするのです。




Translate »
テキストのコピーはできません。