好きになっちゃダメな人を好きになった・・・好きな人が既婚者だった・・・




好きになっちゃダメな人を好きになった、というのはとても辛い経験ですね。

好きという気持ちは、理性ではコントロールできないものです。

たとえ、その相手が結婚している人や、別の人と付き合っている人、
あるいは自分との関係がうまくいかない人であったとしても、好きになってしまうことはあるのです。

最初の出会いでは、相手が既婚者なのかもわからなかったりすると、
あ、いいなぁと思うこともありますよね。

好きになっちゃダメな人を好きになったとき、まず大切なのは、自分の気持ちを受け入れることです。

どんなに辛い気持ちでも、それを否定したり、無理やり抑え込んだりしても、気持ちは消えません。

まずは、自分の気持ちをありのままに認めてあげましょう。

そして、その相手との関係を見つめ直してみるのも大切です。その相手との関係が、本当に自分が望んでいるものなのか、よく考えてみてください。もし、その関係がうまくいかないことがわかっているのであれば、無理に恋愛関係を進めようとするのはやめましょう。

もし、その相手との関係を続けることに決めたのであれば、一線を越えないように注意する必要があります。

一線を越えてしまうと、関係がより複雑になってしまう可能性があります。

また、その相手との関係を続けることで、自分自身が傷つくことになる可能性も考慮する必要があります。

相手が既婚者であった場合は、やはり深い関係になってはいけないし、
相手には奥さんがいることなので、アプローチなどもしてはいけない関係です。

配偶者ではない自分は弱い立場となり、なにかあれば、傷つくのは自分になるんですね・・・

会うことがなくなれば、自然と頭の中から消えてくれますが、
職場が同じだったりすると、距離を置くことがなかなか難しい場合もありますね。




Translate »
テキストのコピーはできません。