旦那がいるのに忘れられない人がいる?10年以上忘れられない人,30年経っても忘れられない人がいるのは何故?

シェアする





多くの人との出会いがある中で、

何年経っても忘れられない人もいたりしますよね。

会わなければだんだんと記憶は薄れていく・・・

それなのに、心にあるとしたら、
その相手はやはりなにかの縁がある?
特別な運命の人???かもしれません。

多くの人にとって、例え結婚したとしても、
今はもう別の恋をしていたとしても、
過去に出会った大切な人との記憶がなくなるわけではありません。

その相手のことが本当に本当に好きだったのなら・・・
完全に忘れることはおそらく無理です。

結婚しても旦那がいても、ふとした時に
思い出す人になる。

長く片思いをしていた相手やはじめて付き合った相手など、
想いが強いほど、忘れられない存在になりますね。

好きだった想いは本物だけど、好きすぎて相手とはうまくいかなかったり、
素直になれずいつまでも片思いだった人。
上手に話せなくて、片思いのまま疎遠になってしまった人など。
好きだったけれど、遠距離になり別れてしまった人。

想いが本物であれば、10年たっても30年経っても、
特別な思い出の1ページとして残り続ける。

もう二度と会うこともないけれど、幸せでいてね

こんな風に誰かに想われた人は、例え結ばれない運命だとしても、
しあわせなのではないかな・・・

普通は、顔を見なければ忘れられてしまう。
会わなければ、忘れられるのが日常。

日頃は忘れていたとしても、
ふとした時に思い出す存在。

相手の誕生日の日や、思い出の歌を聞いた時。
思い出の場所に行った時など、
心の中に秘めている想いがまだ残っている時がありますね。

誰にも話すことはないけど、心の中で忘れられない人がいる。
誰でもみんな、1人2人はいるものかもしれない。










シェアする

Translate »