初恋は実らないジンクスは本当?中学生カップル別れる原因





「初恋は実らない」という言葉は、初恋が成就する可能性は低いという意味でよく使われます。

初恋はいつだった?

と言えば、幼稚園の時、と言う人もいれば、
小学生の時のあの子かな・・・とか
中学が同じの〇〇くん、
と人それぞれ違うことは確か。

真剣に恋をした、と言える年齢はそれなりに大人になってからではないだろうか・・・

中学が同じの同級生とお付き合いをして、
結婚までしている人は、奇跡的な確率です。

中学生でいいなと思う人がいても、いろいろな事情から別れてしまうカップルはたくさんいます。

価値観の違い

初恋は、まだ価値観が形成されていない時期に生まれる恋愛です。

そのため、付き合い始めてから、価値観の違いが原因で別れてしまうケースが少なくありません。

親や周囲の反対

初恋は、まだ親の庇護下にある時期に生まれる恋愛です。

そのため、親や周囲の反対が原因で別れてしまうケースも少なくありません。

自分の気持ちの変化

初恋は、まだ「好き」という気持ちが不安定な時期に生まれる恋愛です。

そのため、付き合い始めてから、好きではなくなってしまうケースが少なくありません。

もちろん、初恋が成就するケースも存在します。

しかし、初恋が実らないからといって、それは悲しいことではありません。初恋は、人を成長させてくれる貴重な経験です。初恋を経験することで、恋愛に対する考え方や、自分の気持ちの変化を理解することができるようになります。

また、初恋は、その後の恋愛の糧となることもあります。

初恋で学んだことを活かして、次の恋愛をより良いものにすることができるでしょう。

中学生のカップルが続かない理由

価値観の違い

思春期を迎えた中学生の価値観は、急速に変化します。そのため、付き合い始めた当初は合っていた価値観も、時間が経つにつれて合わなくなってくることが少なくありません。例えば、恋愛に対する考え方や、将来の夢、趣味など、さまざまな価値観の違いが原因で別れてしまうケースがあります。

親や周囲の反対

中学生は、まだ親の庇護下にあるため、親や周囲の反対が原因で別れてしまうケースもあります。

例えば、異性の交際を許可していない家庭や、恋愛に熱心すぎることを心配する親や友人など、さまざまな理由で反対されることがあります。

学校や部活の忙しさ
経済的な問題
病気やケガ
家族の事情

中学生のカップルは、大人と比べて恋愛に対する考え方や経験が浅いため、別れが起こりやすいと言えます。

しかし、その一方で、大人とは違った純粋さや情熱を持ち合わせていることも事実です。

中学生の恋愛は、大人にとっても貴重な経験となるでしょう。

中学生カップルの結婚率は、非常に低いとされています。

厚生労働省の「人口動態調査」によると、2021年に結婚した夫婦のうち、
15歳未満で初婚をした夫婦の割合は、0.03%でした。

この数字は、1960年の0.8%と比べて大幅に減少しており、
中学生カップルが結婚するケースは、非常に稀であると言えます。

中学生カップルが結婚しない理由

価値観の違い
親や周囲の反対
自分の気持ちの変化
学校や部活の忙しさ
経済的な問題
病気やケガ
家族の事情

これらの理由に加えて、中学生カップルは、まだ社会人として自立しておらず、
結婚に必要な経済力や生活基盤を備えていないことも、結婚を阻む要因となります。

しかし、好きだったなとか、いいなと思っていた異性であることは変わらないことなので、
ご縁があれば、その時に別れてしまったとしても、
また成人式や同窓会、共通の知人などの連絡から、また再び再会して会えることも
あるのかもしれません。

その時にはお互いに大人なので、ご縁があれば結婚までたどり着く2人もあるのかもしれないですね。




Translate »
テキストのコピーはできません。