田舎で独身で生きづらい?生きる価値なしと言われたりする?


田舎で独身で生きづらいと感じられるお気持ち、
とてもよく分かります。

田舎で独身で生きづらいと感じる理由

周囲からの目: 結婚や出産が当たり前という価値観が根強い田舎では、
独身者に対する偏見や差別が存在する可能性があります。

出会いの少なさ: 都市部と比べて人口密度が低く、出会いの機会が少ない可能性があります。

娯楽の少なさ: 都市部と比べて娯楽施設やイベントが少ないため、
生活が単調になりやすい可能性があります。

移動手段の制限: 車がないと生活が不便な場合が多く、
行動範囲が制限される可能性があります。

将来への不安: 特に高齢になった場合、介護や医療などへの不安が大きくなります。

少しでも生きやすくなるためのヒント

自分を受け入れる: 周囲の価値観に惑わされず、自分自身の生き方を大切にしましょう。

積極的に行動する: 趣味のサークルやイベントに参加するなど、
積極的に行動することで、出会いの機会を増やすことができます。

情報収集: インターネットや地域情報誌などを活用して、
田舎での暮らしに関する情報収集を行いましょう。

コミュニティに参加する: 地域の活動に参加することで、
人とのつながりを築き、孤独感を解消することができます。

将来への準備: 老後の生活に向けて、貯蓄や介護保険への加入など、早めに準備しておきましょう。

独身だから生きる価値がないなんて、絶対にそんなことはありません!

そもそも独身だからとか、モテるからとか、お金を稼いでいるからとか
そうした判断で生きる価値を判断されるものでもないからです。

尊い命は誰でも同じ。

アスファルトに咲く一輪の花も、今日もジャングルで生きている小鳥も

わたしたち一人ひとりの命も同じ価値です。

存在しているから、この地球のためになっているのです。

なので、誰かから見て、生きる価値ないとか言われる筋合いないです。

今日1円使ったことだって、世界のだれかのためにはなっているんです。

たまに性格が悪い人は、独身は生きる価値がない、とか独身はまだまだお子様ヒヨコ、
社会のゴミ・・とか平気でひどいことを言う未熟な人もいるかもしれませんが、

そうゆう人の心の裏側を覗けば、独身は気楽で羨ましいな
子供もいなくてまだ若い、見た目も若くて周りにチヤホヤされてうらやましい。
若いというだけで、おじさんや周りの男性から可愛がられたりするので、
そうゆうところも目の敵にされやすいのかもしれません。

まだ若く苦労を知らない、それに比べて私は子供のためにすべて犠牲にして働くだけの毎日・・・

そうした嫉妬もあるものです。

独身でまだ子供がいない人をなぜかバカにする結婚マウントをしてくる
未熟な人も稀にいます。
そんなに多くはないですが・・

そうゆう人にかぎって、離婚歴があったり、ひとりで子供を育てていたりするので、
おそらく苦労しているのが辛いのだと思います。

ただそれも嫉妬なのだと思います。

独身でも、結婚していても、それぞれに素晴らしい人生を送ることは可能です。

独身のメリット

自由な時間と使えるお金が多い
自分のペースで生活できる
好きなことに集中できる
新しいことに挑戦しやすい
自分磨きをしやすい

独身でも充実した人生を送るためのヒント

目標を持って、それに挑戦する
趣味や好きなことに時間を費やす
人との交流を大切にする
新しいことにチャレンジする
自分自身を大切にする
周りの声に惑わされない

周りの人たちが結婚したり、子供を産んだりするのを見て、
焦ってしまうこともあるかもしれません。しかし、焦る必要はありません。

人生は人それぞれです。自分のペースで、自分の道を歩んでいきましょう。

独身は人生の一つの選択肢

独身は決して悪いことではありません。むしろ、独身だからこそできること、楽しめることがあります。独身をポジティブに捉え、自分の人生を思いっきり楽しみましょう!

独身だからといって、生きる価値がないなんてことはありません。
あなたには、無限の可能性があります。自分自身を信じて、これからも自分らしく
素敵な人生を送ってください。








Translate »
テキストのコピーはできません。