いつまでもいると思うな親と推し?

「いつまでもいると思うな親と推し」という言葉は、
ゴールデンボンバーの歌広場淳さんが2016年にツイートしたことで話題になりました。

アイドルグループの解散や脱退、
卒業などが次々と発表される中で、
「自分が応援しているアイドルやアーティストも、
いつまでも現役で活動してくれるわけではない」という意味が込められています。

親と推しは、どちらも私たちの人生に大きな影響を与えてくれる存在です。

親は私たちを産み育て、支えてくれる存在であり、
推しは私たちに夢や希望を与えてくれる存在です。

しかし、親も推しも、いつまでも存在してくれるわけ
ではないことを忘れてはいけません。

親は、私たちが思っているよりも早く年を取り、
最期を迎えます。

推しも、体調不良やスキャンダルや電撃婚、不祥事などの理由で、
活動を休止したり、引退したりする可能性はあります。

だからこそ、今、親や推しと一緒に過ごせる時間を大切にしたいものです。

親や推しと過ごす時間を大切にするために、
できることはたくさんあります。

親や推しと一緒に過ごす時間を増やす、
親や推しを喜ばせるために何かをする、親や推しの思い出を残す、などです。






Translate »
テキストのコピーはできません。