好きじゃない人と結婚・・・夜が苦痛?スキンシップもしたくない?




好きじゃない人と結婚することは、
多くの場合、苦痛を伴います。

好きじゃない人と結婚すると、
苦痛を感じやすくなります。

好きでもない、というのは、最初から気づくことです。
顔を見てもうれしくない。
会いたいと思えない。
異性として好きじゃない決定的な証拠は、相手の子供を欲しいと思わない・・・です。
相手を愛おしいと思わない・・などです。

こうした人とはお付き合いもしないほうが確実です。

相手に愛情を感じられない

好きじゃない相手と結婚すると、相手に愛情を感じることができません。
そのため、夜のスキンシップや会話が苦痛になり、
一緒に過ごす時間が辛く感じられるようになるでしょう。

好きでもないので、いろいろと苦痛に感じます。

相手に合わせることに疲れる

好きじゃない相手と結婚すると、相手に合わせることに疲れてしまいます。
相手の好みや価値観に違和感を感じたり、

自分自身を偽って過ごさなければならなくなったりするためです。

孤独感や寂しさを感じる

好きじゃない相手と結婚すると、孤独感や寂しさを感じやすくなります
恋愛感情のない相手と生活を共にしていると、

どこか疎外感を感じたり、心から信頼できる相手がいないと感じるようになります。

周りの友人は、好きな人と結婚して、心から楽しそうにしていたり、
嬉しそうにしていると、余計にむなしい気持ちになります。

離婚を検討する

好きじゃない人と結婚していると、離婚を検討する人も少なくありません。
結婚生活が苦痛になり、幸せを感じられないと、離婚を決意する人も出てくるでしょう。

離婚を視野に入れておく

好きじゃない人と結婚した場合は、離婚を視野に入れておくことも大切です。

結婚生活が苦痛になり、幸せを感じられない場合には、離婚を決断することも選択肢の一つです。




Translate »
テキストのコピーはできません。