結婚何年目が離婚しやすい?




結婚5年未満が離婚率が最も高く、
特に結婚2年目が離婚件数がピークになります。

30年ほど前から変化していないと言われています。

5年未満の離婚が多い理由

新婚生活を送る中で、理想と現実のギャップに直面し、失望してしまう

子育てや家事など、生活の変化に適応できず、ストレスが溜まってしまう

金銭問題や不倫など、深刻な問題が発生してしまう

5年以降の離婚

5年を過ぎると離婚率は徐々に下がりますが、
7年目と15年目にも離婚率が少し高くなる傾向があります。

7年目は、子供がいなくても夫婦関係がマンネリ化し、
倦怠期を迎える時期

15年目は、子供が成人し、夫婦二人暮らしに戻ることによって
新たな問題が生じる時期

35年以上経ってからの離婚も近年増加しており、
熟年離婚と呼ばれます。

離婚は人生において大きな決断です。
離婚を考えている場合は、冷静に判断し、周囲に相談しながら慎重に進めることが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。