おしどりと呼ばれ、ラブラブで仲良しだったのに離婚する夫婦




ラブラブなのに離婚、一見矛盾しているように思えますが、
実は様々な理由で起こり得るものです。

1. 愛情だけでは結婚生活は成り立たない

愛情は夫婦関係の重要な要素ですが、それだけではありません。価値観、生活習慣、経済状況、子供に対する考えなど、様々な要素が夫婦関係に影響を与えます。これらの要素が大きく異なると、愛情があっても衝突が絶えず、離婚に繋がる可能性があります。

2. ラブラブな関係が変化する

どんな関係も、時間と共に変化していくものです。ラブラブな時期がずっと続くことは稀で、愛情表現が減ったり、マンネリ化したりすることもあります。そのような変化にうまく適応できず、関係が悪化してしまうケースもあります。

3. 外部要因による離婚

不倫、DV、病気、介護など、外部要因によって離婚せざるを得ない状況になることもあります。愛情はあっても、これらの問題を乗り越えることができず、離婚を選択するケースもあります。

4. 離婚が幸せへの選択

一見不幸そうに見える離婚ですが、場合によっては幸せへの選択になることもあります。例えば、DVを受けている場合、離婚は自分を苦しみから解放する方法になります。また、ラブラブな関係であっても、互いの将来のために離婚を選択するケースもあります。

5. ラブラブの定義

ラブラブという言葉は、人によって異なる意味を持っています。人によっては、毎日キスやハグをすることをラブラブと考える人もいれば、一緒にいるだけで心が落ち着くことをラブラブと考える人もいるでしょう。ラブラブに対する定義の違いも、離婚に繋がる可能性があります。

ラブラブなのに離婚は、様々な理由で起こり得るものです。
愛情は夫婦関係にとって重要な要素ですが、それだけではないということを理解しておくことが大切です。

離婚は決して悪いことではないと思います。
苦しい関係を無理に続けるよりも、
自分にとって幸せな道を選択することが大切です。

もし、ラブラブなのに離婚を考えているなら、
一人で悩まずに周囲に相談したり、専門家のアドバイスを受けたりすることをおすすめします。




Translate »
テキストのコピーはできません。