子供が大学卒業したら離婚する熟年夫婦もいる?




夫婦関係の悪化

長年連れ添った夫婦間では、価値観の違いや生活習慣のズレなどから、
徐々に関係が悪化していくことがあります。
子供のために我慢してきたという方も少なくありません。

経済的な理由

子供を大学卒業まで養育するには、多くの費用がかかります。
その負担が軽減される大学卒業を機に、離婚を検討する方もいらっしゃいます。

人生プランの変化

子供が独立することで、夫婦それぞれの人生プランが大きく変化することもあります。
これまでに共にしてきた目標が達成されたことで、離婚を前向きに捉える方もいらっしゃいます。

離婚後の生活設計

離婚後の生活設計をしっかりと立てることも重要です。

経済的な自立

婚姻期間が長ければ長いほど、経済的な面で互いに依存し合っている
関係になっている可能性があります。離婚後も生活を維持できるだけの
収入や貯蓄があるかどうか確認する必要があります。

住居:離婚後、どちらが住み慣れた家を出るのか、
あるいは別居するのかなど、住居についても検討する必要があります。

子供との関係

子供にとって、両親の離婚は大きな変化となります。
子供との関係をどのように維持していくのか、事前に話し合っておくことが重要です。

周囲への影響

家族や友人など、周囲の人々への影響も考慮する必要があります。

離婚は、法律や経済など、様々な面で専門的な知識が必要となります。

子供への影響

子供にとって、両親の離婚は大きな心の傷になる可能性があります。

子供に離婚理由を正直に説明する

子供の気持ちを尊重し、話を聞いてあげる

離婚後も、子供と両方の親が良好な関係を築けるように努力する

離婚は、人生を大きく左右する決断です。
時間をかけて熟考し、パートナーとよく話し合いを重ねて、慎重に判断することをお勧めします。




Translate »
テキストのコピーはできません。