魔の三歳児子育てノイローゼ?イライラが止まらない?




魔の三歳児ノイローゼとは、
3歳児のイヤイヤ期がひどく、育児をする親が強いストレスを感じ、
精神的に追い詰められてしまう状態のことです。

魔の三歳児ノイローゼの特徴

子どもの癇癪や反抗にイライラしてしまう

常に疲れていて、何もやる気が起きない

子どもと一緒にいるのがつらい

罪悪感や孤独感を感じる

眠れない、食欲がないなどの身体症状が現れる

魔の三歳児ノイローゼの原因

子どものイヤイヤ期によるストレス

育児の負担が大きい

孤立感や孤独感

睡眠不足や栄養不足
過去のトラウマ

3歳児は自我が芽生え始め、自分の意思を主張しようとします。

しかし、まだ自分の思い通りにできないことが多く、
それが癇癪や反抗となって表れることがあります。

魔の三歳児ノイローゼは、一人で抱え込もうとすると
悪化する可能性があります。

周囲に助けを求めることは決して恥ずかしいことではありません。

魔の三歳児ノイローゼは、親にとっても大きなストレスとなります。

自分自身の心と体のケアをすることも大切です。

魔の三歳児ノイローゼは、多くの親が経験する一時的なものです。

癇癪の原因

自己主張: 自分の意思を伝えたい、自分でやりたいという気持ちが強くなり、それがうまくできないとイライラしてしまう。

言葉の不足: 自分の気持ちを言葉でうまく伝えられないため、癇癪で表現してしまう。

感覚過敏: 音や光、触覚などへの過敏さから、癇癪を起こしてしまう。

疲労や空腹: 体調が悪いと、感情のコントロールが難しくなり、癇癪を起こしやすくなる。

環境の変化: 新しい環境や慣れない場所では、不安や緊張から癇癪を起こしてしまう。

癇癪への対処法

気持ちを受け止める: 子どもを否定せず、
「怒ってるんだね」「悔しいよね」など、子どもの気持ちを言葉で代弁し、共感を示す。

安全な場所を確保する: 子どもが暴れても怪我をしないよう、安全な場所を確保する。

落ち着くまで待つ: 子どもが暴れている間は、無理に止めようとせず、落ち着くまで待つ。

気持ちを言葉で伝える: 癇癪が落ち着いたら、なぜ癇癪を起こしてしまったのか、どうすればよかったのかを、子どもにわかりやすく伝える。

癇癪が起こる前に対策する: 子どもが癇癪を起こしやすい状況を把握し、
事前に対策する。例えば、遊びの時間を制限する、おやつを事前に用意しておくなど。

癇癪は子どもの成長過程でよくあることです。
焦らず、子どもの気持ちを受け止め、適切な対応をすることが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。