医者との結婚は苦労する?




医者との結婚は、安定した生活や高い社会的地位といったメリットが
ある一方、多くの苦労も伴います。

医者との結婚でよく挙げられる苦労のポイント

1. 時間の少なさ

医師は、長時間労働や当直、学会参加などで、
家や家族と過ごす時間が非常に限られます。

家事や育児を一人で担うことが多く、孤独や負担感を抱えやすいです。

2. 不規則な勤務

夜勤や休日出勤が多く、予定が立てにくいという問題があります。

夫婦で一緒に過ごす時間や、家族旅行などの計画も難しくなります。

3. ストレスの多さ

医師は、患者さんの命を預かる責任や、医療訴訟のリスクなど、
大きなストレスを抱えています。

そのストレスが家庭に持ち込まれることも少なくありません。

4. 転勤の可能性

医師は、専門医になるために、研修医として複数の病院を渡り歩いたり、
大学病院や研究機関に勤務したりすることがあります。

転勤に伴い家族も引っ越しを余儀なくされる可能性があります。

5. 医者としてのキャリアと家庭生活の両立

近年、女性医師も増え、医師としてのキャリアと
家庭生活の両立に悩む女性も少なくありません。

仕事と育児の両立は、多くの女性にとって大きな課題です。

6. 医者家系のプレッシャー

医師家系の場合、義理の両親から高い期待をかけられることがあります。
家事や育児、子供の教育など、
様々な面で完璧を求められ、プレッシャーを感じることもあります。

7. 社交的な付き合い

医師は、学会や講演会、医局の飲み会など、
仕事関係の社交的な付き合いが多く、家事や育児の負担がさらに増えることがあります。

8. モラハラやパワハラ

医師は、職場でのストレスから、
家庭内でモラハラやパワハラをしてしまうケースもあります。

9. 経済的な格差

医師は高収入を得られる一方で、
家事や育児を担う配偶者は収入が低く、経済的な格差が生じる場合があります。

10. 孤独感

夫が忙しく、家事や育児を一人で担うことにより、
孤独感や孤立感を抱えることがあります。

医者との結婚は、多くの苦労がある一方で、やりがいもあり、
充実した生活を送ることができる可能性があります。

結婚前にしっかりと話し合い、互いの理解を深めることで
幸せな結婚生活を送ることができるでしょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。