熟年離婚の増加とその後・・・末路は?




近年、熟年離婚は増加傾向にあります。

熟年離婚に至る理由は様々ですが、

女性の社会進出

女性が経済的に自立できるようになったことで、離婚に対して消極的な立場ではなく、選択肢の一つとして考えるようになった。

男女の役割の変化

男女の役割分担が固定化されていた時代から、夫婦共働きが当たり前になり、家事や育児に対する不満が溜まりやすくなった。

価値観の多様化

夫婦間で価値観が大きく異なる場合、
長年連れ添う中でそのギャップが顕著になり、離婚に繋がることもある。

定年退職

夫が定年退職を迎えると、夫婦が一緒に過ごす時間が増え、
今まで気づかなかったお互いの欠点に目が行きやすくなる。

熟年離婚後の生活は、人によって様々です。

経済的な困窮: 特に女性は、収入が低く、老後の生活が不安になるケースが多い。

孤独感: 長年連れ添った相手がいなくなることで、寂しさや孤独を感じる。

新たな人生の始まり: 離婚を機に、新しい趣味や仕事を見つけ、充実した生活を送る人もいる。

離婚後の生活: 経済的な状況、住居、健康状態など、離婚後の生活を具体的にイメージする。

子供への影響: 子供が成人している場合でも、離婚は子供に大きな影響を与える可能性がある。

周囲の理解: 親族や友人など、周囲の理解を得られるかどうかも考慮する。

熟年離婚は決して悪いことではありません。
夫婦関係が破綻し、お互いに不幸になるよりも、
離婚してそれぞれの人生を歩む方が良い場合もあります。

熟年離婚を考えている方は、離婚後の生活についてしっかりと準備し、
後悔のない選択をすることが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。