好きな人と結婚相手は違う?一番好きな人とは結婚しない方がいい?


好きな人と結婚相手は違うという意見は、
恋愛と結婚の違いを踏まえて理解することができます。

恋愛は、異性として魅力を感じ、ドキドキやワクワクと
いった感情を伴うものです。

一方、結婚は、人生を共に歩むパートナーとなる相手を選ぶことです。

そのため、恋愛で重視する要素と、結婚で重視する要素は異なると考えられます。

恋愛で重視される要素

外見
性格
趣味・価値観
経済力

一方、結婚で重視される要素は

性格
価値観
家事・育児への考え方
金銭感覚
義家族との関係性

これらの要素を比較すると、恋愛と結婚で重視される要素に重複するものは
あるものの、異なる要素も多く存在することがわかります。

そのため、好きな人と結婚相手が異なることは、決して不自然なことではないと言えるでしょう。

恋愛と結婚で重視する要素が異なる

恋愛と結婚は、同じ相手と行うとは限らない

恋愛と結婚で重視される要素が異なるためです。

恋愛で重視される外見や経済力は、
結婚においても重要な要素ではありますが、
それ以上に、性格や価値観の合致が重要となります。

もちろん、好きな人と結婚相手が同じであるケースも少なくありません。

しかし、好きな人と結婚相手が異なることは、
決して珍しいことではなく、むしろ自然なことであると言えるでしょう。

一番好きな人とは結婚しない方がいいという説には、
いくつかの理由が考えられます。

恋は盲目になりやすい

恋をすると、相手の良いところばかりが目に入ってしまい、
欠点は見えにくくなることがあります。
結婚してから相手の欠点に気づき、失望してしまうこともあるでしょう。

理想と現実のギャップがある

恋愛中は、相手に特別な感情を抱いているため、
理想が高くなりがちです。しかし、結婚生活は現実です。
相手も人間ですから、欠点や失敗をしてしまうこともあります。
そのため、理想と現実のギャップに苦しむこともあるでしょう。

結婚相手には、他に必要な条件もある

結婚相手には、愛情だけでなく、経済力や性格、価値観など、
さまざまな条件が求められます。
一番好きな人とは、すべての条件が満たされているとは限りません。

そのため、結婚相手として適切ではない可能性もあります。

恋愛中は、相手の良いところばかりに目が向きがちです。
しかし、結婚相手として選ぶのであれば、相手の欠点や失敗も含めて、よく理解しておく必要があります。

結婚生活を長く続けるためには、お互いの価値観や考え方が
合っていることが大切です。価値観や考え方が大きく異なると、
衝突やトラブルの原因になる可能性があります。

結婚生活には、さまざまな困難や問題が起こります。
そんな時、お互いに支え合える関係が築けるかどうかも、
結婚相手を選ぶ際には重要なポイントです。

結婚は人生の大きな決断ですから、慎重に考えることが大切です。








Translate »
テキストのコピーはできません。