結婚生活は魂の修行!?結婚という名の修行とは




結婚生活を「修行」と表現する人は少なくありません。

結婚生活は、自分とは異なる価値観や考え方を持つ人と
生活を共にしなければならないからです。

独身時代は、自分の好きなように生活を送ることができますが、
結婚後は、相手のことも考えながら生活をする必要があります。

独身が自由で気楽で楽しいと思っている人にとっては、
結婚は人生の墓場!?とまで言う人もいたりします。

相手の気持ちや考えを理解し、
尊重するといったコミュニケーション能力や、
自分の考えや行動を調整する調整能力が求められます。

これらの能力を身につけるには、努力と忍耐が必要であり、
それはまさに「修行」と言えるでしょう。

また、結婚生活は、さまざまな困難や問題に直面することもあります。

例えば、経済的な問題、育児の問題、介護の問題などです。

これらの困難や問題を乗り越えるためには、夫婦で協力し合い、
乗り越えようとする強い意志や、
困難に立ち向かう勇気が必要となります。

これらの力を身につけることも、結婚生活を「修行」と言われる理由の一つです。

もちろん、結婚生活はすべてが修行というわけではありません。

結婚生活には、幸せや喜び、感動など、さまざまな良いこともあります。

しかし、結婚生活を長く続けるためには、困難や問題に立ち向かう力や、
自分を成長させる力が必要となります。

その意味で、結婚生活は、人生を豊かにし、
自分を成長させるための「修行」と言えるでしょう。

結婚生活を「修行」と捉えるかどうかは、人それぞれです。

しかし、結婚生活を成功させるためには、
自分を成長させるための努力や、困難や問題に立ち向かうための
強い意志が必要であることは確かです。




Translate »
テキストのコピーはできません。