ワンオペ育児の離婚率は高い?





子供が0~2歳の時にワンオペ育児を経験した家庭は、離婚率が高いことが分かります。

ワンオペ育児が離婚率を高める要因

育児の負担が一方的に偏ることによる夫婦の不満やストレス
育児の悩みや不安を共有する相手がいないことによる孤独感
育児の疲労やストレスによる夫婦のコミュニケーション不足

ワンオペ育児を経験した夫婦は、育児の負担や孤独感、
ストレスによって、夫婦関係が悪化するリスクが高くなります。

また、育児の疲労やストレスによって、夫婦のコミュニケーションが不足し、
問題が解決できなくなることも考えられます。

ワンオペ育児を避けるために、夫婦で育児を分担することや、
育児のサポートを受けることが大切です。

また、育児の悩みや不安を共有できる相手を見つけることも、夫婦関係を良好に保つために有効です。

夫婦で育児計画を立て、育児を分担する
育児休業や育児短時間勤務制度を活用する
育児支援サービスや民間保育サービスを利用する
友人や家族、地域のコミュニティなど、育児のサポートを受けられる人脈を作る

ワンオペ育児を経験している夫婦は、
一人で悩まず、周囲の人に相談したり、サポートを受けたりするなど
適切な対処をすることが大切です。




Translate »