小学校で仲間はずれにされたら・・・

小学校で仲間はずれにされたら、子どもは悲しみや怒り、
不安などのさまざまな感情を抱きます。

小学校で仲間はずれ・・・
よくあることですね。

未熟な子どもが集まる場所では、
どうしても幼稚な理由でわざわざいじめてきたり、
仲間外れにしてきたり。。。

人を簡単に平気でいじめる子もいます。

学校行きたくない・・

そのような感情を抱くのは当然のことで、
親は子どもの感情を受け止めてあげることが大切です。

まずは、子どもの話にじっくりと耳を傾けましょう。

子どもが何を考えているか、何をされたのかを
よく理解することが大切です。子どもが話してくれない場合は、質問をして誘導してあげましょう。

仲間はずれにされた原因が子どもにある場合でも、子どもを責めないでください。

子どもはすでに傷ついているはずです。子どもを責めると、子どもの自信を失わせてしまいます。

仲間はずれにされた原因が子どもにない場合は、
親が学校や先生に相談することも考えましょう。

学校や先生が仲間はずれ問題を解決してくれるかもしれません。

また、子どもが新しい友達を作れるように、親がサポートすることも大切です。

子どもが興味のある習い事やスポーツを始めたり、
地域の子ども会や少年団などに参加したりして、新しい友達を作る機会を増やしましょう。

仲間はずれにされたことは、子どもにとって辛い経験です。
しかし、親が子どもを支えてあげることで、子どもは乗り越えることができます。






Translate »
テキストのコピーはできません。