言葉のキャッチボールのコツ、会話が続かない異性はモテない?話を広げるのが上手い人、会話のキャッチボール上手い人になるには、上手に会話する方法


 

話が上手な人はどこに行っても

良い印象を持ってもらいやすいですよね。

 

お笑い芸人さんがモテるのも、

話していて楽しかったなぁ。

あの人といると笑顔になれるなと

安心感を持てるからという理由が多いと思います。

 

話していて楽しくないと、また会いたいなと思う気持ちにはならないですよね。

 

一緒にいても何も質問しない、相手に興味を持っていないと、

相手からも話していても楽しくないと思われてしまい、

また会いたいとは残念ながら思われない傾向があります。

 

会話上手は、モテ要素の重要度は高いです。

リアクションが良いと感じる人とはまた話したくなりますね。

楽しそうに話を聞いてくれる、という人は

なんだかんだでモテます。

 

 

話が上手な人は、自分だけが話をすることはなく、
相手に敬意を持っており話をよく聞いてくれる人が多い傾向があります。

 

 

的確な質問ができる、会話のキャッチボールがうまい、
相手を否定したり、マウンティングなどをしない人が多いです。

 

 




会話のキャッチボールが上手い人

 

 

会話のキャッチボールとは、野球のピッチャーとキャッチャーのように、質問をしたり、質問に答えることで会話が弾んでいる状態です。

どちらか一方だけが会話をしていたり、話がかみ合っていないと会話のキャッチボールが出来ていない状態です。

会話のキャッチボールが得意な人は、自分が聞きたいことよりも、相手が興味があること、関心のあることを聞いてあげましょう。

相手が話をする時にじっくりと耳を傾ける、相槌を打つ、リアクションをすることで楽しく会話ができます。

相手が質問をしてきた時は、会話が続きやすいように言葉を選んだり、会話が弾むように配慮ができるので好かれることが多いです。

 

 

どちらか一方だけの会話をしていると、聞いている人は退屈したり、自慢話を聞いているような気持ちになってしまいます。

 

 

相手の表情や返事の仕方などに敏感になっており、相手が退屈していたら話題を変えるなどの対応ができる人が多いです。

1対1の会話は緊張する人が多いですが、相手が返事がしやすいように適度に沈黙の時間を持つことが多くなります。

会話のキャッチボールがうまくいくと、職場や学校でも好印象を持ってもらえるため、人気者になる人が多いです。

話を聞き出すのが上手い人

話を聞きだすのが上手な人は、相手に興味、関心を持っており、話をよく聞いており、的確な質問ができる人が多い傾向があります。

相手の話をよく聞いているため、相手の話に共感をしてくれたり、考え方などを否定することはありません。

柔軟な考え方を持っており、自分の考えを相手に押し付けることがないため、会話をしている人は打ち解けて話をしてくれることが多いです。

私の友人に穏やかで優しい性格の人がいて、私が話をしていると否定をしたり、ダメ出しをすることはほとんどありません。

そういうこともあるよねと共感してくれたり、親身になって相談に乗ってくれることが多く、他の友人にも慕われていました。

話を聞きだすのが上手な人は、相手のプライバシーに立ち入ることはないため、相手は警戒しないので話が弾むことが多かったです。

相手に敬意を持っており、マウンティングをすることがないため、人に好かれる人が多いように感じています。

話を聞きだすのが上手な人は、穏やかで優しい感じ、会話をしている時にリアクションがある、絶妙なタイミングで相槌を打ってくれます。

会話が弾むとまた会いたいと感じるような、魅力を持っていることが多いですね。








Translate »
テキストのコピーはできません。