心変わりは人の世の常、意味

人の心はどうして変わってしまうのだろう・・・

変わらないものは、世の中にはあまりないと言われるけれど・・・

永遠に変わらないでほしいものはたくさんありますよね。

変わらなければ、人間、トラブルも起きないのに・・・

「心変わりは人の世の常」は、
日本語の慣用句で、
「人は時々、自分の考えや気持ちを変えることがある」という意味です。

状況や経験によって、人は自分の考えや気持ちが変わることがあります。

たとえば、恋愛において、相手と付き合い始めてから、
相手の良いところや悪いところを知り、自分の気持ちが変わることがあります。

また、仕事において、新しい仕事に就いて、自分の適性や興味を知ることで、
自分の目標やキャリアプランが変わることがあります。

この慣用句は、宮崎駿監督のアニメ映画「ハウルの動く城」の中で、
カブというキャラクターが言ったことで有名になりました。

映画の中で、カブは、ハウルやソフィーが、それぞれの恋愛や人生において、
心変わりをする可能性について、この言葉で諭しています。

この慣用句は、人生において、心変わりが起こり得ることを
受け入れることの大切さを教えてくれる言葉です。






Translate »
テキストのコピーはできません。