日本人は人生を楽しまない?自分の人生を生きている気がしない?日本人は世間体を気にしすぎ?周りに合わせる理由、世間体がしんどいわー


一度かぎりの人生と言われたりする。

確かに、人生は、1度だけで
時間はどんどん過ぎていく。

1秒1秒
過去った時間はもう戻らない。

1日が終わると、もう今日も終わりか・・・と感じる。

生きている時間は有限。

その時間をどう生きるのかは人それぞれ違う。

できれば、自分が楽しいと思うことをしていたい。

しかし、日本人は
自分の人生を生きている気がしない、
と考える人が多い。

やりたいことをしている気がしない。

本当はしたいことがあるけど、
周りからの評価を気にしてできない、という悩みもある。




日本人はなぜ人の目を気にするのか 日本世間体気にしすぎ

日本人特有の同調圧力。

周りからの目、世間体を気にする人も多い。

世間体が良ければ、とりあえず人からまともな人と言われやすいし、
変な目で見られることも少ない。

世間体を気にしすぎると、生きにくく感じる。

まじめな人ほど、合わない職場やブラック企業で
働き続けて、
そのうちうつ病や最悪のケース、この世から
去る人も少なくはない。

有名人はニュースに出るけれど、人知れず世界からいなくなる一般の人も

少なくはない。

今、すごく辛そうな顔をしている人というよりも、

みんなから見て、あの人は明るくて元気。

ポジティブで活発な雰囲気がある人でも、

本心では誰にもわからず、

そのままこの世界からある日突然消えてしまうこともある。

明るい人でさえも、生きにくいと感じる世の中、風潮。

多くは、誰にも相談できないまま

理解してくれる人もそばにいないから、

辛すぎて、いなくなりたくなることもあるのではないだろうか・・・

ある程度の年齢になれば、結婚は?
という質問をされるのも、大勢は結婚するのが普通、と思われがちだからかもしれない。

成人式や同窓会にも行くのは普通で、

行かない人は陰キャ・・・とか負け組とか言われがちな世の中、風潮。

負け組とか言われたくなくて必死に取り繕う人も多い。

親ガチャという言葉がはやり、

子にどう思われるのかわからないので、

子供を産みたくない、

結婚もしたくないと考える若者も多い。

東大卒で、いい会社に入った人でも、

パワハラやモラハラなど、長時間労働の末、

精神的に疲労して

辞めることもできないまま、辛くなることもあるのが世の中。

相談できる人もいないまま、しんどくなり辛くていなくなる人もいる。

世間体どうでも良い,人からどう思われるかどうでもいい

世間体を気にして、仕事を辞めないまま、

辛い思いをしてひとりで抱え込んでしまう人も多い。

うつ病になる人ほど、まじめで繊細で

優しい。

日本人の最大の長所は、まじめな人が多いこと。

マナーも良いし、他人に迷惑をかけないように必死に生きている。

多くの人はいい人だから、他人に迷惑をかける生き方はしない。

人からの目を気にしすぎて、人から褒められていたい、
人から嫌われたくないと考えてばかりだと、生きていることさえ辛くなる時がある。

世間体を気にしないまま生きると、白い目で見られることもあるので、

自分のしたいことを楽しめないまま、人生を終えてしまう人もいる。

しかし、たった一度きりの人生。

後悔のないように生きていきたい。

老人が後悔することは、

やりたいことに対してチャレンジをしなかったこと

挑戦してみなかったこと

というのが挙げられる。

いろいろなことを考えて、人の目を気にして、

世間体を気にして、やりたいことに挑戦できずに終えるのは

自分の人生を生きてるような気がしない

スポンサーリンク








Translate »
テキストのコピーはできません。