30代独身女性は痛い?みじめな気持ちになる?


30代独身でみじめな気持ちになってしまう、というのはありますよね。

今の時代、結婚したくない
子供を持ちたくない・・・という若者も増えていると言われますが、
結婚したい、パートナーは欲しいと考える人もいます。

20代前半なら、まだまだ遊びたい時期ですが、
どんどん年をとるたびに、このままで大丈夫なのかな・・

世間体が・・
と焦りはじめることもありますね。

周囲の結婚や出産ラッシュ、SNSでの幸せそうな投稿を見比べて、
焦りや孤独を感じてしまうことも多いですよね。

しかし、「30代独身=みじめ」という考え方自体が、必ずしも正しいとは言えません。

痛いと言われる風潮も、気にしなきゃいいだけです。

既婚者になったとしても、合わない人と結婚すれば、スピード離婚です。
離婚したらしたで、また痛いとか言われたりする世の中。

シングルマザーはなんで子供産んだとか言われたりもする世の中なので
覚悟もないまま、焦りで結婚は決めないほうがいいですね。

人生は人それぞれ、幸せの形も様々です。独身だからといって、不幸とは限りません。

今の状況を「みじめ」と捉えてしまう原因は、いくつか考えられます。

日本人は、みんなと同じというのがいい、普通がベスト、という風潮がありますので、
それと違うことをしていると、どうも浮くというのが辛いものですね。

1. 社会的なプレッシャー

周囲からの結婚や出産へのプレッシャーは、大きなストレスになります。

特に、親や親戚からの言葉は、重く感じてしまうこともあるでしょう。

2. 自分自身との比較

過去の自分や、周囲の人と自分を比べてしまうことも、
「みじめ」な気持ちになる原因となります。

特に、SNSで他人と自分を比べてしまうことは、避けたいところです。

3. 将来への不安

将来、一人で過ごすことへの不安は、誰にでも訪れます。

特に、女性の場合は、結婚や出産のタイムリミットを
意識してしまうこともあるでしょう。

1. 自分自身の価値観を見つめ直す

結婚や出産だけが人生の幸せではないということを、改めて認識しましょう。
自分が何を大切にしたいのか、自分自身の価値観を見つめ直すことが大切です。

2. 周囲と比べるのを止める

他人と自分を比べるのは、やめましょう。
人の人生はそれぞれ違うので、比べること自体が無意味です。

3. 将来への不安を解消する

将来への不安は、誰にでも訪れます。不安な気持ちは、
誰かに話したり、具体的な対策を立てたりすることで、少しずつ解消していくことができます。

趣味や仕事に打ち込む

好きなことに没頭することで、目の前のことに集中しやすくなり、「みじめ」な気持ちも忘れやすくなります。

友人や家族と過ごす

信頼できる人と過ごすことで、孤独感を和らげることができます。

30代独身は、人生の岐路に立つ時期でもあります。
この時間を自分自身と向き合うための貴重な機会と捉え、
自分らしい幸せの形を見つけていきましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。