悪いことをしたら自分に返ってくる?ことわざ

「悪いことは自分に返ってくる」とは、人が行った悪い行いは、
必ず自分に返ってくるという意味のことわざです。

このことわざは、仏教の因果応報の思想に基づいています。
因果応報とは、人が行った善悪の行いは、必ずその報いを受けるという思想です。

人を騙したり、裏切ったりすることは、必ず自分に返ってくる。
他人を傷つけるような言動は、自分も傷つけられることになる。
困っている人を助けることは、自分も助けられることになる。

「悪いことは自分に返ってくる」ことわざは、
悪い行いをすれば必ず報いを受けるという教えです。

この教えを心に留め、日々の言動を慎んでいきたいものです。

このことわざには、「泥を打てば面へはねる」「人を呪わば穴二つ」などの類似表現もあります。






Translate »
テキストのコピーはできません。