ずっと喋ってる人といると疲れる理由、ずっと話す人の心理とは


ずっと喋ってる人といると疲れることがありますよね。

1. 情報過多

ずっと喋ってる人と一緒にいると、大量の情報を受け取ることになります。
脳は常に情報を処理し続けなければならないため、疲れてしまうのです。

2. エネルギーの消耗

話すことは、エネルギーを使う行為です。ずっと喋り続けている人は、
エネルギーを消耗しているため、周りの人も疲れを感じてしまうことがあります。

3. ストレス

ずっと喋り続ける人は、相手を疲れさせようとしている場合もあります。
また、自分が疲れているために、喋ることによってストレスを解消しようとしている場合もあります。

4. 集中力の低下

ずっと喋っている人は、周りの人の集中力を奪ってしまうことがあります。
仕事や勉強に集中したいのに、周りの人がずっと喋っていると、
イライラしてしまうこともあるでしょう。

対処法

距離を取る

物理的に距離を取ることで、相手の話す声を
聞きづらくなり、疲れにくくなります。

話を聞き流す
真剣に話を聞かなくても、適当に相づちを打っていれば、
相手は満足してくれることが多いです。

自分のペースを崩さない

相手のペースに合わせようとすると、疲れてしまうことがあります
自分のペースを崩さずに、マイペースで過ごしましょう。

休憩を取る

疲れたら、休憩を取ることも大切です。トイレに行ったり、
コーヒーを飲んだりして、リフレッシュしましょう。

ずっと喋ってる人といると疲れるのは、自然なことです。

ずっと喋ってる人の心理は、人によって様々です。

1. 承認欲求が強い

自分の話を聞いてもらうことで、承認欲求を満たそうとしている場合があります。

2. 不安や緊張を隠している

ずっと喋ることで、不安や緊張を隠している場合があります。

3. 自己表現欲求が強い

自分の考えや思いを表現したいという欲求が強い場合があります。

4. 人との関わりを大切にしている

人と話すことが好きで、コミュニケーションを楽しむために
喋っている場合があります。

5. 考えを整理するため

頭の中を整理するために、喋っている場合があります。

6. 寂しい

誰かと話したい、構ってもらいたいという気持ちから、
喋っている場合があります。

7. 何かを伝えたい

重要な情報を伝えようとしている場合があります。

8. 自分の世界に浸っている

周りの状況をあまり気にせず、自分の世界に浸って
喋っている場合があります。

9. 癖

単純に喋ることが癖になっている場合があります。

10. 疲れている

疲れていて、思考がうまく働かず、喋り続けてしまう場合があります。

11. 障害

発達障害など、喋りすぎるという症状が出る障害を持っている場合があります。

対処法

話を聞いてあげる

相手が話を聞いてもらいたいと思っている場合は、
ただ話を聞いてあげるだけでも効果があります。

適度に相づちを打つ

話を聞いていないと思われると、相手はさらに喋り続けてしまうことがあります。
適度に相づちを打つことで、話を聞いていることを伝えましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。