自分勝手に人を陥れた人の因果の法則

シェアする





1. 悪い行いは自分に返ってくる

人を陥れるような悪い行いは、周りの人から信用を失ったり、人間関係が悪くなったりするなど、自分自身に悪い結果をもたらす可能性があります。また、罪悪感に苛まれたり、精神的に苦しんだりするなど、自分自身の心にも悪影響を及ぼす可能性があります。

2. 正義は必ず勝つ

たとえすぐに結果が出なくても、悪い行いは必ずどこかしらで問題になるものです。嘘やごまかしはいつかはバレるものだし、不正な手段で手に入れたものはいずれ失うことになるでしょう。

3. 人は自分がしたことを忘れない

人を陥れたことを忘れたとしても、された側はそう簡単には忘れません。
いつか必ずそのことが表面化し、周囲の人から白い目で見られることになるでしょう。

4. 自分自身が同じ目に遭う

自分が人にしたことと同じことを、自分自身がされることになるというケースも考えられます。
人を裏切った人は、いつか自分も裏切られることになるでしょう。人を傷つけた人は、
いつか自分も傷つけられることになるでしょう。

因果応報は、必ずしも目に見える形で現れるわけではありません。
しかし、長い目で見てみると、悪い行いは自分自身に返ってくるという側面があることは確かです。
人を陥れるような行為は慎み、常に誠実に行動することが大切です。










シェアする

Translate »