話すことがない友達・・・一緒にいると気まずい?




人と会っているのに、話すことがないって
辛いですよね。

いまいち会っても話が弾まない。
会話ができない人は、仲良くはなれません。

相手がどんな人なのかもわからないし、
こちらも相手から見ると、どんな人なのかもわかりません。

話すことがない友達がいる場合

話すことが少ない人は、内向的であったり、人見知りであったり、
言葉が少ない性格である可能性があります。
壁を作る人や、自分のことをあまり話さない人がいると、
話題に悩みますね。

また、自分の意見や考えを人に話すことに抵抗を感じている可能性もあります。

また、共通の話題が少なく、話すきっかけがつかめない可能性もあります。

長い付き合いの中で、話すことがなくなってきた可能性があります。
もう話さなくても、たいてい相手の考えていることはわかっている。
という場合も、無言になりますね。

また、お互いに気を遣いすぎて、話す機会を逃している可能性があります。

話すことがない友達がいる場合、まずはその理由を理解することが大切です。

性格的な理由であれば、無理に話させる必要はありません。

環境的な理由であれば、会う時間を増やしたり、
共通の話題を見つけたりして、話すきっかけを作ってあげましょう。

相手の話をよく聞くことで、相手が何に興味を持っているのか、何を話したいと思っているのかがわかります。相手の話をよく聞く姿勢を見せることで、相手も話しやすくなります。

相手の話をよく聞きながら、質問をすることで、会話を深めることができます。
質問の内容は、相手の話を踏まえて、相手の興味を引くものや、答えやすいものを選びましょう。

自分の話をすることで、相手も自分の話をしやすくなります。
自分の話をするときは、相手の興味を引くような話をしたり、相手の話を参考にしたりするとよいでしょう。

共通の話題を見つけることで、話のネタに困らなくなります。
共通の話題を見つけるためには、相手の趣味や仕事、好きなことなどを聞いてみましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。