すれ違う時に目をそらす人の心理





すれ違う時に目をそらされたら・・・

悲しいですね。

一般的な心理は、関わりたくないという心理です。

知らない人とすれ違うときは、挨拶をしたり会釈をしたりするのが一般的ですが、
そうしたコミュニケーションを避けたいという心理が働くことがあります。

特に、人見知りの人や、その場が気まずいと感じている人などは、
目をそらすことで関わりを断ち切ろうとする傾向があります。

また、恥ずかしいという心理も、目をそらす原因となります。

例えば、好きな人とすれ違うときや、失敗をしたときなど、
恥ずかしいと感じているときは、目をそらすことで恥ずかしさを隠そうとすることがあります。

嘘をついているときも、目をそらすことがあります。

嘘をつくときは、相手に不信感を抱かれたくないという心理が働き、
目をそらすことで自分の表情を隠そうとします。

また、嘘をついているとき、目をそらすことで、嘘をついているという
心理的な負担を軽減しようとする効果もあると考えられています。

何かを考えているときも、目をそらすことがあります。

例えば、仕事や勉強で何かに集中しているときや、誰かと話しながらも、
自分の考えにふけっているときなど、目の前にあるものを意識せずに、
自分の内面の世界に意識が向いているとき、目をそらすことがあります。

何かに気を取られているときも、目をそらすことがあります。

たまたま、歩いている時に道路工事をしていたり、道にいつもはない大きな板が置いてあったり、
またなにか落ちていた時などは、つい下を見てしまいますよね。

空を鳥や虫が飛んでいる時にも、なんとなく見てしまいます。
今日は虹がかかっててすごいな、飛行機雲を見つけて、なんとなく運が良いかも!と
空を見てしまう時もありますね。

例えば、歩きながらスマホを見ているときや、
道に落ちているゴミに気を取られているときなど、
目の前の状況に注意が向いておらず、周囲の人に注意が向いていないとき、
目をそらすことがあります。

このように、すれ違うときに目をそらすという行為には、さまざまな心理が働いています。




Translate »
テキストのコピーはできません。