好きな人に意識してもらう方法、中学生、両想いになりたい





好きな人がいる。

見ているだけ・・・

木陰の裏側で・・・

という感じでは、仲良くはなれません(+_+)

中学生の場合、好きな人に意識してもらうためには、
まずは仲良くなることが大切です。

そのためには、自分から話しかけたり、一緒に行動したりする機会を増やしましょう。

仲良くなるためには、話しやすいと思ってもらうことが大切です。

挨拶や雑談を積極的に行う
共通の趣味や好きなことについて話す
助けてもらったり、頼られたりすることで好感度をアップさせる
相手の誕生日やイベントなどでプレゼントや手紙を贈る

好きだということを隠そうとする子も多いものですが、
好きだと伝えないことには何も始まりません。

好きばれするくらいがちょうどいいです。

清潔感を保つ
笑顔を絶やさない
明るく前向きな姿勢を示す
自分の強みや個性をアピールする

ただし、無理に自分を偽ったり、相手に合わせてばかりいると、後で疲れてしまいます。

ありのままの自分を受け入れてもらうことが、結局は長続きする関係につながります。

仲良くなるためにしたいこと

席が近ければ、休み時間に話しかけてみよう。
同じ部活やクラブに入っているなら、練習や試合などで一緒に行動しよう。
好きなアーティストやアニメの話で盛り上がってみよう。
テストで良い点を取ったら、喜んでくれるか聞いてみよう。

そんなときは、まずは笑顔で挨拶をしてみることから始めてみましょう。

笑顔は人を惹きつける力があります。

また、相手のことをよく観察して、好きなことや興味があることを見つけるのも大切です。

そのことを話題にすることで、会話が弾み、仲良くなるきっかけになります。

話しやすい子だなと思ってもらえることが、まずは大事です。




Translate »
テキストのコピーはできません。